「フリスク」エナジーミント、ブラックミント「ミンティア」コールドスマッシュ


次のタブレット菓子の
フレーバーを実在する商品
ごとにグループ分けしなさい
27%

フリスクミンティア
コールドスマッシュ
エナジーミント
ブラックミント

FRISK (フリスク) はオランダのペルフェティ・ファン・メレ社が世界展開するミント風味のシュガーレス清涼菓子ブランド。
1986年にベルギーの薬局で錠菓として販売されたのが最初である。日本ではクラシエフーズ株式会社(旧・カネボウフーズ株式会社)が1994年から本格的に輸入販売を開始、その後、世界的に、特に日本で人気が急拡大した。
キャッチコピーは「SHARPENS YOU UP」である。訳すと「あなたを鋭くする(物)」で、意訳すれば「あなたを冴えさせる(物)」となる。なお「frisk」はデンマーク語・スウェーデン語で「新鮮な」を意味する。英fresh・独frischと同語源である。
強いミントの刺激と持続する清涼感が特徴で、タブレット菓子の代表的存在ともいえる。眠気覚ましや気分転換に用いる人もいる。
引用元:FRISK – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/FRISK


引用元:フリスク – 商品紹介|クラシエ http://www.kracie.co.jp/products/frisk/

ミンティア (MINTIA) は、アサヒフードアンドヘルスケア株式会社が販売している清涼菓子の名称。2016年には売上個数・金額で国内シェアNo.1であった[1]。
元々は株式会社ポーラ化粧品本舗(現・ポーラ)の食品事業子会社であるポーラフーズ株式会社が販売していたが、アサヒフードアンドヘルスケアの前身であるアサヒビール薬品株式会社が2002年3月31日付でポーラフーズの全株式を取得して完全子会社化し、販売権を獲得した。その後、アサヒビール食品との合併で発足したアサヒフードアンドヘルスケアが2003年1月1日付でポーラフーズを吸収合併して現在に至っている。

>フルーツやミント系の風味があるタブレット(錠菓)で、レギュラーサイズの内容量は50粒(7グラム)。直径は6~7ミリメートル程度で、カードタイプの薄いプラスチック製の容器 (PP) に入っている。シュガーレスが特徴である。 定番のミントフレーバーのほか、プラムやレモンライム味など別のフレーバーや果汁を合わせたバリエーションが期間を限って発売されている。
引用元:ミンティア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2


引用元:ミンティア|タブレット・お菓子|商品情報|アサヒフードアンドヘルスケア https://www.asahi-fh.com/products/confectionery/mintia/