ミスターペッツ籠物先生



第1回島田荘司推理小説賞の大賞
を受賞した台湾出身の作家です
籠物先生
ミスターペッツ(答)
38%

寵物先生(ミスターペッツ)は台湾の推理作家。台湾推理作家協会会員。本名は王建閔。

大学一年生の時に西村京太郎の『殺しの双曲線』と高木彬光の『刺青殺人事件』を読み、人を感動させる推理小説を一生追求していこうと心に決める。島田荘司や東野圭吾などの日本の本格推理小説を愛好している[1]。
台湾での筆名は寵物先生(チョンウーシエンセン)で、「寵物」はペットという意味、「~先生」は「~さん」という敬称に当たる。日本ではそれをそのまま英語に訳した「ミスター・ペッツ」という筆名を使っていた。2010年4月、島田荘司推理小説賞受賞作『虚擬街頭漂流記』の日本語訳刊行にあたって、日本でのペンネームの表記は寵物先生(振り仮名:ミスターペッツ)に統一された。
引用元:寵物先生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%B5%E7%89%A9%E5%85%88%E7%94%9F

寵物先生(ミスターペッツ)

本名・王 建閔。1980年生まれ。
台湾推理作家協会会員。ペンネームの「寵物」はペットのこと。コンピュータエンジニアとして働くかたわら、小説の執筆を始め、2007年、「犯罪紅線」で第5回人狼城推理文学(現在の台湾推理作家協会賞)。2008年、初の単行本『吾乃雑種』を上梓。2009年、『虚擬街頭漂流記』で、世界中から中国語で書かれた本格ミステリの新作を募集した、第1回島田荘司推理小説賞を受賞。同書は台湾・中国・タイ・日本で刊行される。
引用元:寵物先生(ミスターぺッツ)『虚擬街頭漂流記』|特設サイト|文藝春秋 http://www.bunshun.co.jp/pick-up/kyogigaitou/profile/index.html