オリバーソース「どろソース」


「どろソース」や「とんかつ
ソース」などの濃厚ウスター
ソースで有名な神戸市に本社を
置く会社は◯◯◯◯ソース?
ビリデス
ルミバジ
ガーナン
オリバー(答)
「オリバーソース」
57%

昭和23年 1月 世界初の濃厚ブラウンウスターソース「オリバーとんかつソース」発売
関西にてお好み焼やたこ焼に濃厚ソースを使用する食文化が開花
引用元:沿革 | オリバーソース株式会社 http://www.oliversauce.com/company/history


ウスターソースの沈殿部分を利用して作られた旨味、辛味が凝縮された辛口万能調味料

野菜・果実、香辛料などのエキスがぎっしりと詰まっています。
引用元:どろソース 360g | オリバーソース株式会社 http://www.oliversauce.com/products/257

オリバーソース株式会社(Oliver Sauce Co.,Ltd.)は兵庫県神戸市中央区港島南町に本社を置く、ソースを中心とする食品メーカーである。

創業と社名変更[編集]
1920年(大正9年)、大坂の老舗醤油醸造蔵 「浪速醸造」当主の次男・道満清が家と袂を分かち、神戸でイギリス産のウスターソースを発売。外国人居留地等を中心に輸入液体調味料の研究と委託販売を行う。この事業を継承して、1923年(大正12年)、道満が神戸で道満調味料研究所を創業させると共に、国産ウスターソースの製造・開発を開始した。その後、本家イギリス・ウスター市のOliver社とその日本代理人の廃業に伴い、商標権と意匠を引き継ぐ[4]。
1966年、社名をオリバーソースに変更する。

>「とんかつソース」や「お好み焼ソース」などの濃厚ウスターソースの研究開発に注力している一環で、1993年(平成5年)から沈殿製法と呼ばれるウスターソースの伝統的な製法による芳醇なソースの製造に取り組み[10]、ウスターソースの熟成期間中に底部に自然沈降した粘り気の多い[6]沈殿物を商品化して同年3月から「どろソース」として製造・販売を始めた[11]。
この「どろソース」は発売当初から順調に売り上げを伸ばし[11]、さらにそばめしブームの影響でテレビ番組で採り上げられた直後の2000年(平成12年)12月には前月比60%増と急増するなど[12]そばめしブームを活かして売上を年々拡大して[13]こだわり商品の一つとしてスーパーなどのソース売場で販売されるようになり[14]、オリバーソースを代表する商品として業務用・家庭用で販売されるようになった[3]。
また、2006年(平成18年)にはこの沈殿製法で原液を3年間熟成させる製法で製造する新商品「オリバークライマックスヴィンテージ3年仕込みソース」を発売するなど[10]、沈殿製法による濃厚ウスターソースに注力している。
引用元:オリバーソース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9