「ロンドン」国際コーヒー機関,欧州復興開発銀行,国際海事機関



本部の所在地
国際コーヒー機関
欧州復興開発銀行
国際海事機関
東京
ロンドン(答)
ローマ
ジュネーブ
58%


本部の所在地
国際原子力機関
国連工業開発機関
石油輸出国機構
ウィーン(答)

本部の所在地
国際獣疫事務局
国際知的協力機関
国連教育科学文化機関
パリ(答)


次の記念日のうち
「毎年11月1日」と
定められているものを
全て選びなさい
すしの日(答)寿司ネタが美味しくなることから
紅茶の日(答)大黒屋光太夫が初めて紅茶を飲んだことから
コーヒーの日 10月1日、国際協定でのコーヒー新年度から
うどんの日 7月2日、讃岐の国で半夏生の日にうどんを振舞ったことから
キリタンポの日(答)囲炉裏できりたんぽの立てる様子から
もやしの日(答)もやしを並べた様子から
鮭の日(答)圭を分解すると十一になることから
電池の日(答)電池の+-を見立てて

国際コーヒー機関(英: International Coffee Organization)は、世界のコーヒーの生産や貿易に関する協定を協議・実施する国際機関。略称はICO。国際コーヒー機構と表記されることがある。
1962年に国際連合で定められた国際コーヒー協定(International Coffee Agreement)を根拠として、コーヒーの生産や輸出について国際的な協定を取り決め、生産国と輸入国との経済力の格差による不公平を是正し、価格や供給の安定を図る目的で1963年12月27日に設立された。本部はロンドンにある。
現在有効な協定は2007年9月28日に締結された「2007年の国際コーヒー協定」。日本は1964年から協定に参加しており、2003年度の運営分担金は14万5148.5UKポンド(全体の6.4%)
引用元:国際コーヒー機関 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E6%A9%9F%E9%96%A2

欧州復興開発銀行(おうしゅうふっこうかいはつぎんこう、英: European Bank for Reconstruction and Development, EBRD)は、1989年の東欧革命で体制が交代した中東欧諸国や独立国家共同体 (CIS) 諸国の自由市場経済への移行にあたり、個人や企業を財政的に支援することを使命とする国際開発金融機関。1991年4月1日にロンドンで発足した。
引用元:欧州復興開発銀行 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E5%BE%A9%E8%88%88%E9%96%8B%E7%99%BA%E9%8A%80%E8%A1%8C

国際海事機関(こくさいかいじきかん、英語: International Maritime Organization、IMO)は、国際連合の専門機関のひとつ。
>第二次世界大戦中に海運に関する連合国の協力体制を基に、1948年に国際連合海事会議で政府間海事協議機構(英語: Inter-Governmental Maritime Consultative Organization、IMCO)設置のための条約が採択されたが、発効には100万t以上の船舶を有する7か国の調印が必要要件となっていたため、日本が調印することで、1958年に発効した政府間海事協議機構条約に基づき、政府間海事協議機構が設立された。1982年に改称し、現在の国際海事機関となった。

>本部はロンドンに置かれている。
引用元:国際海事機関 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E6%A9%9F%E9%96%A2