【軟水】ボルヴィック、クリスタルガイザー


次のミネラルウォーターを
軟水か硬水かで
グループ分けしなさい
【軟水】六甲のおいしい水、ボルヴィック、クリスタルガイザー
【硬水】エビアン、ペリエ、コントレックス
41%


次のうち、軟水である
ミネラルウォーターを
全て選びなさい
エヴィアン
ヴィッテル
六甲のおいしい水(答)
ボルヴィック(答)

連想
ミネラルウォーター
日本では1984年から正規販売
ダノン社のブランド
フランス東部に湧出
エビアン(答)

多答
次のうち、フランスのミネラルウォーターを全て選びなさい
ヴィッテル(答)
ボルヴィック(答)

順番当て
次のミネラルウォーターを高度が低いものから順に選びなさい
南アルプスの天然水
エビアン
コントレックス

ミネラルウォーター(Mineral water)とは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言う。
ヨーロッパでは古くより飲泉の習慣があったが、17世紀にイギリスのマルヴァーン(英語版)の水を瓶につめて販売したのがミネラルウォーターのはじまりである。19世紀になると瓶詰めにかかるコストが軽減したことで、水道よりも安全な水として(20世紀以前の水道は塩素殺菌をしていなかった)普及した。
日本では特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ぶ。一方、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼ぶ。これらの区分については、農林水産省がガイドラインを定めている。市販品では、各地の名水や大自然のイメージを前面に押し出しているものが多い。
引用元:ミネラルウォーター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

エビアン(エヴィアン[1]、evian)は、フランスのエビアン(エヴィアン=レ=バン、Évian-les-Bains)近郊、カシャ水源で採取される、フランス・ダノン社のミネラルウォーターのブランドである。
水質は硬水で、硬度は304。ボトル入りの硬水ミネラルウォーターとしては世界各国で、もっとも有名なブランドの一つである。
引用元:エビアン (ミネラルウォーター) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3_(%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC)

六甲のおいしい水(ろっこうのおいしいみず)は、1983年から2010年までハウス食品(現在のハウス食品グループ本社)が、2010年から2012年までアサヒ飲料が発売していた、ミネラルウォーターである。
アサヒ飲料の登録商標(日本第3137815号ほか)である。
2012年からは、同じものが「アサヒ おいしい水」のラインナップ「アサヒ おいしい水 六甲」として販売されている。
引用元:六甲のおいしい水 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E7%94%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E6%B0%B4

ペリエ(Perrier)は、ネスレグループのスパークリング・ナチュラルミネラルウォーターのブランド。日本では、ネスレ日本、サントリーフーズから販売されている。
>世界140カ国の喫茶店やレストランで飲まれている最も有名な炭酸水である。特にヨーロッパではペリエを置いていない飲食店は無いと言われるほどであり、食前酒代わりにペリエを飲む習慣もある。「ペリエ」の名は1898年に水源の所有権を買い取り、ボトリング設備とボトル開発に注力した、フランス人医師のルイ・ペリエ博士に由来する。
きめ細かく、長くはじける炭酸が特徴で、ナポレオン3世が「フランスの誇り」と絶賛したという逸話がある。

>硬度 – 381.9(硬水)
引用元:ペリエ (ミネラルウォーター) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A8_(%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC)

ボルヴィック(Volvic[1])は、フランスのナチュラルミネラルウォーターのブランドである。エビアンとともにダノングループの製品である。日本では、キリンビバレッジが販売している。
ヨーロッパでは珍しい軟水のミネラルウォーターであり、日本茶や出汁との相性が良い。そのため、本国よりも日本での人気が高い。
約4,000ヘクタールに及ぶ水源地はオーヴェルニュの国立公園の中にあり、地上、地下問わず水源地周辺での建築物の建造を一切禁止したり、産業規制を行ったりするなどして厳重な保護がなされている。
引用元:ボルヴィック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

クリスタルガイザー (CRYSTAL GEYSER) は、大塚ホールディングスの完全子会社[1]の米国クリスタルガイザーウォーターカンパニーおよび関連会社CGロクサーヌ LLCが発売するナチュラルミネラルウォーター、および炭酸水のブランドである(前者が炭酸水、後者がミネラルウォーターを生産している)。日本では大塚ホールディングス傘下の大塚食品(2009年以前は大塚ベバレジ)が輸入販売している。

>硬度 – 38 (軟水)
引用元:クリスタルガイザー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC