ディクスン・カー『火刑法廷』『皇帝のかぎ煙草入れ』『帽子収集狂事件』


『火刑法廷』
『皇帝のかぎ煙草入れ』
『三つの棺』
『帽子収集狂事件』
フォルチュネ・デュ・ポアゴベ
S・S・ヴァン・ダイン
ジョン・ディクスン・カー(答)
クレイトン・ロースン
57%


次のディクスン・カーが
生んだ探偵と初登場作品の
正しい組み合わせを選びなさい
ギデオン・フェル───魔女の隠れ家
アンリ・バンコラン───山羊の影
ヘンリー・メリヴェル───プレーグ・コートの殺人



次のうち
作家のディクスン・カー
(カーター・ディクスン)が
生んだ探偵を全て選びなさい
×パーカー・パイン (アガサ・クリスティ)
○アンリ・バンコラン
×アントニー・ギリンガム (A・A・ミルン)
○ギデオン・フェル
○ヘンリー・メルヴェル
×トレヴィス・タラント (C・デイリー・キング)

ジョン・ディクスン・カー(John Dickson Carr, 1906年11月30日 – 1977年2月27日)は、アメリカ合衆国の推理作家である。密室殺人を扱った推理小説で知られる。
カーター・ディクスン(Carter Dickson)というペンネームでも多くの作品を発表した。日本では、カーの80冊を超える著書のほとんどが翻訳されている。

>作風[編集]
「密室派(Locked Room School)の総帥」「密室の王者」の異名を持つ。実作だけでなく、『三つの棺』の第17章「密室の講義」は、密室トリックを分類したエッセイとしても評価されている。初期作品はチェスタトンやポー、M・R・ジェイムズなどの影響を受けて、ことさら古怪な舞台を選び、知る人も少ないような小道具や超自然をにおわす事物をちりばめ、起こる事件はといえば、錯綜した設定によってかろうじて成り立っている。派手な展開と伏線が巧みなため、解決が、説得力はなくとも、理解を超えるという事態にはほとんど至らないこともあり、人気作家となった。一方、第三者の介在や偶然が多すぎる、行動の動機が薄弱で不合理に陥る、トリッキーに過ぎてアンフェアを招く、筆致が泥臭い、登場人物が代わり映えしない、などの欠陥も指摘されている。

>学生時代の短編と最初の4長編ではパリの予審判事アンリ・バンコランが活躍する。その冷笑的な性格は人気を得られず、のちにはカー自身もリアリティを感じられなくなった。続いて登場した2人の肥満したイギリス人、『魔女の隠れ家』でデビューしたギデオン・フェル博士と、『黒死荘の殺人』に初登場のヘンリー・メリヴェール卿(通称H・M)は人気を得て多くの作品に登場した。
引用元:ジョン・ディクスン・カー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC


チャターハム牢獄の長官をつとめるスタバース家の者は、代々、首の骨を折って死ぬという伝説があった。これを裏づけるかのように、今しも相続をおえた嗣子マルティンが謎の死をとげた。〈魔女の隠れ家〉と呼ばれる絞首台に無気味に漂う苦悩と疑惑と死の影。カー一流の怪奇趣味が横溢する中に、フェル博士の明晰な頭脳がひらめく……!
引用元:魔女の隠れ家 – ジョン・ディクスン・カー/高見浩 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488118167


カーの死後の調査と研究に依って発掘された、若かりし日の作品群や、ラジオ・ドラマを集大成した待望のコレクション。処女短編「死者を飲むかのように……」を筆頭に、アンリ・バンコランの活躍する推理譚と、名作「B13号船室」をはじめとする傑作脚本。不可能興味と怪奇趣味の横溢するディクスン・カーの世界! 解説=戸川安宣
目次

「死者を飲むかのように……」
「山羊の影」
「第四の容疑者」
「正義の果て」
「四号車室の殺人」
「B13号船室」
「絞首人は待ってくれない」
「幽霊射手」
「花嫁消失」
引用元:幽霊射手 – ジョン・ディクスン・カー/宇野利泰 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488118204


私ことケン・ブレークは、友人ディーンに幽霊屋敷で一晩明かしてくれと頼まれ、マスターズ警部を伴って黒死荘へ出かけた。そのかみ猛威を振るった黒死病に因む名を持つ屋敷では降霊会が開かれようとしていたが、あろうことか術者ダーワースは血の海と化した石室で無惨にこときれていた。庭に建つ石室は厳重に戸締りされており、周囲に足跡はない。そして、死者の傍らにはロンドン博物館から盗まれた曰くつきの短剣が。関係者の証言を集めるも埒が明かず、フェザートン少佐と私は陸軍省の偉物に出馬を乞う。ヘンリ・メリヴェール卿初登場作品にして、ディクスン名義屈指の傑作。序=ダグラス・G・グリーン/解説=戸川安宣
引用元:黒死荘の殺人 – カーター・ディクスン/南條竹則/高沢治 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488118334