C・L・「ムーア」女性SF作家『シャンブロウ』


最初は女性であることを隠した
代表作『ノースウェスト・
スミス』シリーズで知られる
SF作家はC・L・◯◯◯?
-ミタス
ルムアポ
ムーア(答)
「C・L・ムーア」キャサリン・ルシール・ムーア
40%

036AXZWGPOYFA
アメリカの女性SF作家
C・L・ムーアの代表作です
シャンブロウ
『Shambleau』
引用元:『シャンブロウ』 C・L・ムーアのSF小説 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/80/

132eZBgPTR
「半導体に集積される
トランジスタの数は
24ヶ月で倍増する」という
考え方を何という?
ムーアの法則(答)
グロッシュの法則
メトカーフの法則
ビル・ジョイの法則
引用元:「ムーアの法則」24ヶ月で半導体のトランジスタ倍増「グロッシュの法則」コンピューター性能は価格の2乗に比例「メトカーフの法則」通信網の価値は利用者数の2乗に比例「ギルダーの法則」通信網の帯域幅は半年で2倍 「エンゲルバート」マウスを発明した化学者 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/20250/

C・L・ムーア(C. L. Moore, 1911年1月24日 – 1987年4月4日)は、アメリカ合衆国の小説家、SF作家。本名はキャサリン・ルシール・ムーア(Catherine Lucille Moore)で、女性。夫のヘンリー・カットナーもSF作家であり、夫婦で多くの合作を行なった。ムーア単独での代表作は〈ノースウェスト・スミス〉シリーズ。

>《ノースウェスト・スミス》シリーズで最も有名な作品は「シャンブロウ」で、最初に売れた短編でもある。ウィアード・テイルズ誌1933年11月号に掲載され、彼女はそれで百ドルを手に入れた。幻想的・耽美的な作風を持った「シャンブロウ」は、活劇主体であった当時のSF中では異彩を放っていた。計12編の続編、すなわち《ノースウェスト・スミス》シリーズはムーアの代表作であるとともにスペースオペラのマスターピースのひとつに数えられている。
引用元:C・L・ムーア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/C%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2


タイトル シャンブロウ
刊行日 2008年7月15日
著者 C・L・ムーア 著/仁賀克雄 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-0768-3

初めての奇妙な味、懐かしの奇妙な味。ノースウエスト・スミス・シリーズ全13編。スペースファンタジーの傑作、改訳決定版。
引用元:シャンブロウ│論創社 http://ronso.co.jp/book/%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%a6-2/