モノクル「片眼鏡」フィンチ「鼻眼鏡」



眼鏡の種類で、一方の目の
くぼみ部分にはめるようにつける
「片眼鏡」を、英語で
「モノクル」といいますが

鼻を挟むようにつける
「鼻眼鏡」を、英語で
「◯◯◯◯」という?
モンクチド
ィノルフロ
フィンチ(答)
67%

cimg70519xcllz5lmf7e
ダーウィンの進化論のきっかけ
ともいわれる小鳥・フィンチは
◯◯◯科の鳥の総称?
アタキ
スジロ
ヒトメ
アトリ(答)
引用元:『種の起源』『ビーグル号航海』「進化論」ダーウィンの業績 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/30001/

片眼鏡(かためがね)とは、眼鏡の一種で、文字通り片目での使用を前提とした単一レンズの視力矯正器具である。別名ではモノクル(英: monocle)と呼ばれる。

>眼窩にはめ込んで装着する方式が一般的であるが(右側の画像)、鎖や紐で吊す方式(右下側の画像)、或いはブリッジで鼻に掛ける方式も存在する。ただしブリッジ付きのものは近年、日本のオタクカルチャーから登場した、コスプレ用のものである。主に杜撰な時代考証によりアニメ・漫画作品にそのようなブリッジ付き片眼鏡が描かれることが少なくないため、コスプレイヤーがそれを忠実に写したものが始りと思われる。
一般的な、つまり眼窩にはめるタイプのモノクルには縁なしタイプのもの(単なるレンズとも言える)もあるが、金属フレームに金属製の脚を張り出させて、かけやすくなっているものが多い。また、多くはフレームに紐・鎖を通すリングがついており、その場合環状の紐や鎖を通し、首から下げて用いる。19世紀末から20世紀前半の男性肖像写真には、片眼鏡や鼻眼鏡を首から下げているものが多く見られる。腹部、懐中時計の鎖の上辺りに眼鏡が写っているのがそうである。
この眼窩にはめ込む方式は、コーカソイドのような彫りの深い顔を想定したものであるため、モンゴロイドに比較的多い平面的な顔面では装着が難しい。裸眼で遠くを鮮明に見られる正視の者が老眼なった場合、適切な度数の片眼鏡をかければ、裸眼の側の眼で遠くを、片眼鏡をかけた側の眼で近くを見ることにより遠近両用レンズを使わずに遠くから近くまで見ることができる利点がある。
引用元:片眼鏡 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E7%9C%BC%E9%8F%A1

鼻メガネ (はなメガネ)は、19世紀から20世紀初頭の欧米で流行した眼鏡の種類。フィンチ型とも呼ばれる。

>耳当てのテンプル(ツル)がなく、鼻を挟むことで装着する眼鏡である。英語で鼻眼鏡はパンスネ pince-nez と呼ばれるが、語源はフランス語で鼻を挟むという意味である。15世紀から17世紀の間に一般庶民に徐々に浸透し、1840年代に現代的な鼻メガネが登場した。1880年から1900年にかけて大流行した。今日の英語で アイグラシズ eyeglasses と スペクタクルズ spectacles は眼鏡を指す同義語だが、鼻眼鏡の流行期には eyeglasses といえば専ら鼻眼鏡を指し、耳かけはあるが鼻当てのない現代でいう一山を spectacles 、耳かけと鼻当てのある現在一般的な眼鏡を スペクラクレッツ spectaclettes と呼び分けていた[1]。以下、本項では耳にかける眼鏡を耳掛眼鏡と呼ぶ。
引用元:鼻メガネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BC%BB%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D