「コヨーテ・アグリー・サルーン」米国発六本木のバー coyote-ugly【形】


次の文字列を順に選んで
2016年12月に東京・六本木に
オープンした、セクシーな店員で
人気のバーの名前にしなさい
コヨーテ
アグリー
サルーン
29%
「コヨーテ・アグリー・サルーン」
Coyote Ugly Saloon

コヨーテ・アグリー・サルーン (Coyote Ugly Saloon) は、アメリカ合衆国の外食事業者、また、同社が経営するバーのチェーン。2000年の映画『コヨーテ・アグリー』では、物語の舞台とされた。

>コヨーテ・アグリー・サルーンの最初の店は、1993年1月27日にニューヨーク市で開店したが、これは、ニューヨーク大学出身の創業者リリアナ・ラヴェル (Liliana Lovell) が、ウォール街でのインターンシップを辞めて、バーテンダーとしてのキャリアを選択して始まったことだった[1]。ラヴェルは学生時代にいくつかの場所でバーテンダーとして働いたことがあり、バーカウンターの上で踊ったり、歌ったり、客を相手に飲み比べを競ったりといった術を完璧に心得ていた。元上司のトム・マクニール (Tom McNeill) から学んだビジネス・モデルを応用し[1]、ラヴェルは若い女性たちを雇って、酒類のイッキ飲み や、酒に火を点けたり、火吹きをするといった、ワイルドな立ち振る舞いを仕込んだ。

>1997年、元バーテンダーのエリザベス・ギルバート (Elizabeth Gilbert) が自身の体験を『GQ』誌に「The Muse of the Coyote Ugly Saloon(コヨーテ・アグリー・サルーンの女神)」と題して発表したことを契機に、コヨーテ・アグリー・サルーンは全国的な知名度を得た[3]。映画プロデューサーであるジェリー・ブラッカイマーの会社が、ラヴェルから、この記事に基づいてストーリーを映画化する権利を買って、映画『コヨーテ・アグリー』を制作した。
引用元:コヨーテ・アグリー・サルーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3

映画『コヨーテ・アグリー(Coyote Ugly)』でおなじみ伝説のバーチェーン「コヨーテアグリーサルーン(Coyote Ugly Saloon)」が日本初上陸。アジアの第1号店を2016年12月8日(木)、六本木にオープンする。

「コヨーテアグリーサルーン」は、1993年にアメリカ・ニューヨークにオープンした。セクシーな女性バーテンダーがテーブルダンスを踊り、お酒や歌で店を盛り上げる、全く新しいエンターテインメントバーだ。

>今回オープンするの六本木店も、本場アメリカと同様スタイルで展開。扉を開けばオールドアメリカンなカントリースタイルの内装が広がり、大音量の音楽が流れる。最大の目玉は、セクシーな女性バーテンダーたちがテーブルダンスを踊り、歌い、お酒を提供する点だ。彼女たちは「コヨーテガール」と呼ばれ、米国では1回の募集につき1000人規模の応募があるほど人気と言われている。

まるでパーティーのような雰囲気で、時間を忘れて愉しむことができ、至極の演出が来場客を非現実空間へ導く。
引用元:米国発・伝説のバー「コヨーテアグリーサルーン」日本上陸、六本木に12月オープン | ファッションプレス https://www.fashion-press.net/news/27468

coyote-ugly
【形】
ひどい[最悪の]ブスの、ひどい面の、ひどく醜い◆【語源】酒に酔っぱらった男が美人そうに見える女をひっかけてホテルに連れ込み、一夜を過ごした。ところが、翌朝になって目が覚めてみると、彼女はとんでもないブスだった。彼は今すぐ逃げたいのだが、彼女に腕枕をしていたものだから、腕を動かすと彼女が目を覚ますかもしれない。従って、わなに足を挟まれたコヨーテが自分の足をかみ切ってまで逃げるように、彼は自分の腕をかみ切って逃げるしかない。coyote uglyとは、そこまでしなければならないほどの最悪のブスという意味。
引用元:coyote-uglyの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク http://eow.alc.co.jp/search?q=coyote-ugly