アントワープの「手」ベルギー名物の手形クッキー


みやげ物として人気の
ベルギー・アントワープの
名物であるバタークッキーは
「アントワープの◯」?

手(答)


「アントワープの手」
30%

アントワープの手(蘭:Antwerpse handjes)は、アントウェルペンに伝わる手形のクッキーである。EUで、伝統的特産品保護指定されている。現在では、チョコレート製のものも市場に出ている。

>このクッキーは1934年に、アントウェルペン国立菓子職人協会の菓子職人であったヨス・ハッケル (Jos Hakker)によって考案された。生地は小麦粉、バター、砂糖、卵、アーモンドから成る。チョコレート製のものの場合、中にマジパンが入っている。
手の形をしているのは、アントウェルペンの伝説に基づいている。
引用元:アントワープの手 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AE%E6%89%8B

アントワープの手(Antwerpse handjes)は、アントウェルペン(ベルギーのフランデレン地域・アントウェルペン州の州都で、ベルギー第2の都市)に伝わる手形のクッキー。EUで伝統的特産品保護指定されています。現在では、チョコレート製のものも市場に出ています。
その昔、街を流れる川の岸にアンティゴンという巨人が住み、航行する船に高額の通行税を要求しては人々を困らせていました。そこに勇敢な若者が巨人の手を切り落として川へ投げ入れたとか。これが「Ant=手」、「投げる=werpen」というアントワープの地名の起源。街のお菓子屋さんには伝説にちなんで手の形をしたチョコレートやクッキーが売られています。
公用語を二つもつベルギーでは、北部に住む人と南部では、風俗や文化、人々の気質も大きく異なります。フランス語を話し、ラテン系気質をもつワロン地方と、フランドル地方に暮らしオランダ語の一方言、フラマン語を話す実直なゲルマン系の人々。
伝説に由来する「アントワープの手」は、今では人々を繋ぐ握手の意味も込められて、初めて出会う人への贈り物としても用いられているようです。
引用元:アントワープの手(Antwerpse Handjes) – 世界の料理レシピ http://www.area0.biz/recipe/belgian/803.html