スリランカの紅茶「ヌワラエリヤ」「ディンブーラ」「キャンディ」「ウバ」


ディンブーラ
キャンディ
ヌワラエリヤ
ウバ
パキスタン
インドネシア
中国
スリランカ(答)
64%


日本ではその香りが「正露丸」に
例えられる、「正山小種」と
表記する中国の紅茶は
◯◯◯◯・スーチョン?
ラプサン(答)
「ラプサン・スーチョン」

011BrzMbtF
次の茶の種類と
その発酵に基づく分類の
正しい組み合わせを選びなさい
青茶───半発酵茶
紅茶───完全発酵茶
緑茶───不発酵茶
引用元:緑茶「不発酵茶」青茶「半発酵茶」紅茶「完全発酵茶」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/19951/

引用元:「FAUCHON」フォション 紅茶で有名なフランス発祥の高級食料品ブランド http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/29353/

147WwGOWmBpLwm
19世紀にパリで創業された
金色の缶で有名な紅茶のブランド
FAUCHON(答)
フォション
31%

ディンブラとは、スリランカ中部ヌワラエリヤ県ディンブラ地方で生産される紅茶の総称である。
>ディンブラの特徴は爽快な渋みと芳醇な香り手である。ハイ・グロウンティーの中では生産量が最も多く、香味は典型的なセイロンティーのものである。
引用元:ディンブラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9

キャンディ (Kandy) とは、スリランカのキャンディ地方(スリランカで最初に紅茶が作られた土地である)で作られる紅茶の総称である。

>標高400〜500mに位置するキャンディ地方で栽培されているローグロウンティーである。 他のセイロンティーと違ってクセの無い味であるため、ストレートティー、ミルクティー、レモンティー、アイスティーとあらゆる飲み方ができる。また、スパイスなどを入れるアレンジティーや、ブレンドにも向いている。
引用元:キャンディ (紅茶) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3_(%E7%B4%85%E8%8C%B6)

スリランカの中でももっとも標高が高いヌワラエリア地方でつくられるお茶です。
優雅ですがすがしい花香を楽しむことができます。

>スリランカを代表する紅茶の産地であるウバとは反対側に位置する最高地・ヌワラエリアで生産される銘茶です。水色は淡いオレンジ色で、緑茶に似た適度な渋味と優雅でデリケートな花香が特徴で、ストレートティーとして楽しむのが最適です。茶葉も緑がかっており、茶殻は緑茶のような色をしています。1~2月には最高級品が生産されます。
引用元:ヌワラエリア|お茶の種類|お茶百科 http://ocha.tv/varieties/blacktea_varieties/nuwaraeliya/

ウバ(Uva)は、スリランカのウバ州の高地で生産される高級茶であり、ダージリン、キーマンと並び、世界三大銘茶の一つに数えられる。セイロンティー(スリランカ産の紅茶)において、最も標高の高い地域で栽培されるハイグロウンティーに区分され、中でも、香りと風味がしっかりしたウバ茶はその代表格をなすものである。
引用元:ウバ (紅茶) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%90_(%E7%B4%85%E8%8C%B6)

正山小種(ラプサン・スーチョン)、烟茶(エンチャ)[1]は、紅茶の一種である。
紅茶の茶葉を松葉で燻して着香した[1]フレーバーティーの一種で、癖のある非常に強い燻香が特徴である。生産地は中国福建省武夷山市周辺の一部。正山は、現地で武夷山を指す俗称。現地では、半発酵茶の岩茶類と区別すればよいので、単に紅茶とも呼んでいる。なお、小種 (Xiao-zhong,Souchong) とは岩茶の原料ともなる茶樹の種類のことであるが、紅茶の等級の一種であるスーチョンの語源にもなっている。
同じ製法で作られ、生産地が異なる外山小種(タリースーチョン)なども存在する。
引用元:正山小種 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B1%B1%E5%B0%8F%E7%A8%AE