「田舎暮らしの本」宝島社


次のうち、宝島社が
発行している雑誌を
全て選びなさい
「GINGER」 幻冬舎
「映画秘宝」 洋泉社
「田舎暮らしの本」(答)
22%

連想
1985年に設立
宝島社の子会社
「歴史REAL」
「映画秘宝」
洋泉社(答)

田舎暮らしの本
引用元:田舎暮らしの本│宝島社の雑誌 http://tkj.jp/inaka/

株式会社宝島社(たからじましゃ)は、東京都千代田区に本社を置く日本の出版社。

1971年9月22日設立。代表取締役は蓮見清一。当時は自治体向けのPR誌や地図など下請けを中心とした事業を行っていた株式会社ジェー・アイ・シー・シー(JICC出版局、通称“ジック”)だったが、1974年6月に晶文社から版権譲渡を受けた月刊誌『宝島』(旧『ワンダーランド』。植草甚一が創刊・編集)を復刊。若い世代を対象とした切り口は、以後の出版界に少なからぬ影響を及ぼす。1993年4月に現社名になる。『宝島』復刊当初、編集は赤坂の「株式会社宝島社」、発行は飯田橋の「株式会社JICC出版局」と編集・発行が別会社になっていた

娯楽雑誌[編集]
『MonoMax』 – 主に30代男性向けグッズ情報誌。デジタル、ファッション、スポーツ等を扱う。
『このミステリーがすごい!』 – 一連の『この××がすごい!』シリーズの嚆矢となる。ミステリー部門は「このミス」と呼ばれるが、他部門で「このアニ」「このマン」という省略が為された例はない。
『このライトノベルがすごい!』
『このマンガがすごい!』 – 2005年より年末に定期刊行化。
『このアニメがすごい!』
『この映画がすごい!』
『田舎暮らしの本』
『パチンコ/パチスロ』
引用元:宝島社 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E5%B3%B6%E7%A4%BE

GINGER
引用元:幻冬舎 GINGER ホームページ http://www.gentosha.co.jp/ginger/

『映画秘宝』(えいがひほう)は、洋泉社が発行する映画雑誌(かつてはムックであった)である。毎月21日発売。

>1995年に、洋泉社から、編集者町山智浩と田野辺尚人により創刊。一冊につきワンテーマのA5判ムックとして年に数度発刊され、「映画を見るよりも、ライターたちのその映画についての文章のほうが面白い」と、継続的に映画マニアの人気を集めた。表紙のデザインは宇川直宏によるコラージュであった。
1999年に、A4判の隔月刊映画雑誌としてリニューアル、2002年より月刊化した。雑誌化により、デザイン担当は高橋ヨシキに交代。
かつて町山智浩が携わった「映画宝島」(宝島社)から流れて来たライターも多く、他の映画雑誌にはない切り口でB級映画やお色気映画、ハリウッドの失敗大作などを紹介しており、「中学生男子」感覚を爆発させた編集方針がウリである。
引用元:映画秘宝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A7%98%E5%AE%9D