「ラーメン二郎」創業時は「ラーメン次郎」


東京にあるラーメン店
「ラーメン二郎」の創業当時の
名前は「ラーメン太郎」である
×(答)
◯「ラーメン次郎」

095vwCpgXf
つけ麺の生みの親である
東池袋大勝軒の創業者は
◯◯一雄?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
やまぎし(答)
「山岸一雄」
引用元:「山岸一雄」 つけ麺を考案した「東池袋大勝軒」創業者 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/24406/

ラーメン二郎(ラーメンじろう)とは、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店、および同本店の店主・創業者である山田拓美の登録商標[1][注釈 1]。1968年(昭和43年)に創業し、2度の移転を経て1996年(平成8年)から三田で「ラーメン二郎 三田本店」の名称で営業する[2][3]。

>創業は1968年(昭和43年)で、東京都目黒区の東京都立大学近くに当初「ラーメン次郎」の名前で開店した[2][3]。これは開店前年の1967年1月にエースコックから発売されて人気となっていたインスタントラーメン、「ラーメン太郎」[4]にちなんでいる[2][3]。
引用元:ラーメン二郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E4%BA%8C%E9%83%8E

ラーメン二郎とは、東京の三田・慶大前にある三田本店を総本山として、関東に展開するラーメン屋である。
「ラーメン次郎」ではなく「ラーメン二郎」である。

誤解される事が多いが、各店舗は暖簾分けによる独立開業店であり、チェーン店ではない。

>2015年11月8日時点で40店舗あるラーメン店。
各店それぞれに特色が存在するが、基本的には濃厚な豚骨醤油味とボリュームが多いことで共通する。

その独自性、中毒性の高さから

「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である。」

といった言葉もしばしば用いられる。

超有名店でありながら、メディア取材を断る等、秘密主義を貫いており、何かと都市伝説が多い。

謎の一つに暖簾分けのシステムがあり、一度三田本店で修業をすれば、短期間(弟子入りして3日でも1年でも)で店を出す事が可能となっている。暖簾分けをしている他のラーメン屋とは違い、家系図がある訳でもなく、何をもってして直系なのか亜流なのか、その定義は非常に曖昧である。ちなみに、吉祥寺の生郎や、王子神谷等にある富士丸は、三田本店より暖簾分けされた後、名前を変えた店である。

味は直系・傍系問わず、店舗によってまるっきり違う。そもそも3日で独立出来る為、統一しようと思っても出来る筈がないのである。極端な場合だと「三田店以外は三田店のインスパイアであり、二郎では無い」という人もいる。それぐらい味にバラつきがある。
引用元:ラーメン二郎とは (ラーメンジロウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E4%BA%8C%E9%83%8E