芝居の幕間(まくあい)「幕の内弁当」


幕の内弁当とは、江戸時代に
相撲見物の合間に客が食べた
ことからその名がついた
×(答)
◯芝居の合間
画像は誤答していますのでご注意ください。
52%


次の駅弁を
誕生したのが
早い順に選びなさい
あなごめし 1901 広島県
ますのすし 1912 富山県
いかめし 1941 北海道
シウマイ御弁當 1954横浜県
峠の釜めし 1958 群馬県
だるま弁当 1960 群馬県
かきめし 1960 北海道
雪だるま弁当 1987 新潟県

014keBACTJJGD
東京駅で販売されている
駅弁の「◯◯弁当」?
極附
きわめつき(答)
引用元:『テトリス極道(きわめみち)』サクセスのACゲーム 「極附(きわめつき)弁当」東京駅の駅弁 「きわめつき」極札がついていることから 歌舞伎『極付幡随長兵衛』 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/13755/

幕の内弁当(まくのうちべんとう)とは、白飯と数種類の副食(おかず)からなる弁当である。長い歴史を持ち、細かな定義や特徴については諸説ある。

>語源[編集]
日本において弁当とは、外出先で食べるために容器に入れて持ち歩く食物や容器そのものを指す[3]。 弁当の語源は、「面樋」(めんとう)と呼ばれる一人前の食品を盛り付ける容器や、遊山の際に食品や食器を収める「行厨」(こうちゅう)と呼ばれる容器にあるとされる[3]。
「幕の内」という言葉は、芝居において張られる幕の内側や、幕間(まくあい)を意味する[1]が、「幕の内弁当」の名前の由来に関しては諸説ある。
弁当は、芝居の・幕の内に観客が食べるものなので、いつしか「幕の内弁当」と呼ばれるようになったとされる。
幕の内側で役者が食べるからとする説
幕間の時間を利用して役者が食べたことに由来するとの説[7]
相撲取りの小結が幕の内力士であることから”小さなおむすび”の入っている弁当を幕の内弁当と呼ぶようになったとする説[1]
江戸芳町の「万久(まく)」が売り出していたことに由来するとの説[8]
戦陣の幕の内で食べた携行食に起源を求める説[1]
なお、相撲の観客に対しても相撲茶屋が同様の弁当を供し、そこから幕内力士のように相撲の世界にも幕の内という言葉が持ち込まれたという説もあるが、異論もある。
引用元:幕の内弁当 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%95%E3%81%AE%E5%86%85%E5%BC%81%E5%BD%93

【幕の内弁当の語源・由来】
江戸時代の芝居見物から出た言葉である。
芝居で舞台の幕が下り、次の場面で幕が上がるまでのことを「幕の内」や「幕間(まくあい)」と言い、その間に食べる弁当という意味で名付けられた。
相撲の小結を「幕内力士」や「幕の内」とも呼ぶことから、小さな俵形のおむすびと小結をかけたとする説もあるが、相撲見物の時に食べる弁当を意味したわけではなく、小さなにぎり飯も単に食べやすくしたもので、相撲の「幕内」が語源ではない。
引用元:幕の内弁当 – 語源由来辞典 http://gogen-allguide.com/ma/makunouchi.html

デジタル大辞泉の解説
まくのうち‐べんとう〔‐ベンタウ〕【幕の内弁当】

俵形の握り飯とおかずとを詰め合わせた弁当。芝居の幕間(まくあい)に食べるものとして考案され、現在では最も一般的な弁当になっているもの。
引用元:幕の内弁当(マクノウチベントウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B9%95%E3%81%AE%E5%86%85%E5%BC%81%E5%BD%93-633729