石津謙介「TPO」


「時、場所、場合」を意味する
「TPO」という言葉を
発案したのは、ファッション
デザイナーの三宅一生である
×(答)

49%

TPO(ティーピーオー)
Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語。この概念の発案者は「VAN」ブランドの創始者・石津謙介である。
引用元:TPO – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/TPO

石津 謙介(いしづ けんすけ、1911年10月20日 – 2005年5月24日[1])は、20世紀に活動した日本のファッションデザイナー。「ヴァンヂャケット(VAN)」の創業者[2]。高度経済成長期にあたる1960年代の日本に登場した男性ファッション「アイビールック」の生みの親で、“メンズファッションの神様”と呼ばれた[3]。日本メンズファッション協会最高顧問。岡山県岡山市出身。

>「時・場所・場合を考慮して」という意味でよく用いられる「TPO(Time、Place、Occasion)」、「カジュアル」、「Tシャツ」、「トレーナー」、「スウィングトップ」、「ステンカラーコート」、「ヘビー・デュティー」などの和製ファッション用語を定着させたのは彼であり、「キャンペーン」(組織的な宣伝活動)や、「プレミアム」(賞品)といった業界用語もVANの企業戦略から生まれたものとされる。現在に至るまで定着している、それらのフレーズの数は500は下らないと言われている。
引用元:石津謙介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%B4%A5%E8%AC%99%E4%BB%8B