「ご多用中」多忙


招待状によく用いる
「ご他用中」と「ご多用中」。
正しい表記は「ご多用中」である
◯(答)
70%

「あなたは今忙しい状況だと思われるが、」を丁寧に表現した敬語。

ビジネスの場面で相手に何かお願いをする時に「ご多用中とは存じますが、何卒よろしくお願いします。」と表現して使われる決まり文句。

ご多用:お忙しい、ご多忙
存じますが:思われますが、思いますが
引用元:「ご多用(たよう)中とは存じますが」とは?意味と使い方を知る http://kotobaknow.com/gotayoutyuutoha-zonzimasuga

多用は「やるべき事が多く忙しいこと」多忙は「非常に忙しいこと」で同じような意味です。
ところが相手に対して使うときには「御多用中のところあいすみません」などと書きますね。

これは多忙の「忙」の字が「心を亡ぼす」として嫌う人がけっこういるからです。
嫌いな人がいる以上は、あいさつ文には使わないほうが無難です。
引用元:ご多忙とご多用の違いは何? – 日本語 解決済 | 教えて!goo https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1089784.html