「青い珊瑚礁」クレーム・ド・メンテ(ミント酒) 鹿野彦司


ジン・ベースのカクテル
クレーム・ド・メンテ
マラスキーノチェリー
作者は鹿野彦司
ザザ
バーテンダー
カジノ
青い珊瑚礁(答)
ピンクレディ(トナメ時の出題肢)
59%


ジン・ベースのカクテル
アプリコットブランデー
ホワイトキュラソー
名の由来はパリのホテル
クラリッジ(答)

連想
ジン・ベースのカクテル
ウイスキー
アブサン
意味は「地震」
アースクエイク(答)

連想
シンガポール・スリング
トム・コリンズ
ギムレット
マティーニ
ジン(答)

連想
テキーラ・ベースのカクテル
トマトジュース
カットレモン
意味は「麦わら帽子」
ストローハット(答)

連想
スクリュードライバー
ブラッディマリー
チチ
ソルティードッグ
ウォッカ(答)

連想
ニコラシカ
ホーセズネック
スティンガー
サイドカー
ブランデー(答)

連想
ミント・ジュレップ
ゴッドファーザー
スランジバール
マンハッタン
ウイスキー(答)

004eBfkHpeuyE
次のうち、ジンがベースの
カクテルを全て選びなさい
サイドカー ブランデー
トムコリンズ◯
ジントニック◯
シンガポールスリング◯
スクリュードライバー ウォッカ

CIMG1037nwRZpEdcrqvW
次のうち、テキーラを
ベースにしたカクテルを
1つ選びなさい
○マルガリータ   テキーラ
×ブラッディマリー   ウォッカ
×サイドカー   ブランデー
×マティーニ   ジン
○エクソシスト   テキーラ
×スクリュードライバー   ウォッカ
○テキーラ・サンライズ
×バカルディ   ラム
○モッキンバード   テキーラ
×マンハッタン   ウイスキー
×レッドアイ   ビール
引用元:「ダイキリ」ラム・砂糖・ライム 「モスコミュール」ウォッカ・ジンジャーエール・ライム 「ジン」のカクテル「トムコリンズ」「ジントニック」「シンガポール・スリング」「マティーニ」「ギムレット」 「ラム」のカクテル「X・Y・Z」「ダイキリ」「ブルーハワイ」「キューバ・リブレ」「モヒート」 http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/4779/

259sCAxVRq
次のうち、ブランデーを
ベースにしたカクテルを
1つ選びなさい
ニコラシカ(答)ブランデーベース
モスコミュール ウォッカベース
マイタイ ラムベース
ソルティドッグ ウォッカベース
トムコリンズ  ジンベース
ゴッドファーザー ウイスキーベース
サイドカー(答)ブランデーベース
アレクサンダー(答)ブランデーベース

引用元:「ブランデーベース」カクテル「ニコラシカ」「サイドカー」「アレクサンダー」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/17918/

206QHIfffLmRS
「MIB」と略す、「新品で
箱付」を意味するコレクターの
用語は◯◯◯・イン・ボックス?
◯を答えなさい
ミント(答)
「ミント・イン・ボックス」
Mint in box
引用元:「ミント」イン・ボックス「新品箱付き」 mint「貨幣鋳造」「(鋳造直後のように)真新しい」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/12300/

青い珊瑚礁(あおいさんごしょう、英:Blue Coral Reef [1][2])は、ジンをベースとするカクテル。このカクテルはショートドリンクに分類される。
>ペパーミントグリーンの鮮やかな色合いを南の海に、赤いチェリーを島や珊瑚に見立てた美しいカクテルである。
1950年(昭和25年)5月3日、日本バーテンダー協会の主催で行われた「第2回 オール・ジャパン・ドリンクス・コンクール」の優勝作品[1]。作者は名古屋のバーテンダー鹿野彦司[1]。爽やかなペパーミントの風味とジンが合わさり、すっきりとした飲み口となっている。アルコール度数は22度[3]~39.6度[4]。
「青い珊瑚礁」という名称は小説および映画「The Blue Lagoon」の邦題として知られるが、本カクテルの英名は「Blue Coral Reef」であり、ブルー・ラグーンはウォッカをベースとしたカクテルである。
引用元:青い珊瑚礁 (カクテル) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E3%81%84%E7%8F%8A%E7%91%9A%E7%A4%81_(%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB)

ゲッツピペルマン(ペパーミントジェット)、クレームドミントは両方とも分類上はペパーミントリキュールでそれぞれの名称は銘柄名です。マント、ミントは同じ言葉の読み、発音の違いで、同じ種類の物を指します。クレムは「最上の」と言う意味でクレーム・ド・ミントは「最上のペパーミント酒」の意味になります。
引用元:カクテル作るんですが、ジェット ペパーミントは、クレームドメンテなのでし… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222220527

青い珊瑚礁
AOI SANGO SHO

ミントの香りとジンの香りがマッチしたやや甘口で、濃厚な味わい。

>ドライジン、ミントリキュールをシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。マラスキーノチェリーを沈める。
引用元:青い珊瑚礁|カクテルガイド|カクテルレシピ検索 https://www.asahibeer.co.jp/cocktailguide/search/?CMD=onEdit&ID=1010400408

ザザ(Zaza)とは、ショートドリンクに分類されるカクテル。ザラ(Zara)とも書かれる[1]。なお、ザザには、デュボネ・カクテル と言う、大変よく似たカクテルが存在することでも知られる。1904年から1907年の間に、パリのルグランホテルのフランク.P.ニューマンによって考案された[2]。

標準的なレシピ[編集]
ドライ・ジン = 30ml
デュボネ = 30ml
アンゴスチュラ・ビターズ = 1dash
ミキシング・グラスで、ドライ・ジン、デュボネ、アンゴスチュラ・ビターズをステアして、カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注げば完成。シェークして作る場合もある。第一次世界大戦前は、デュボネではなくスイート・ベルモットを使用していた[2]。
引用元:ザザ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%B6

カクテル名
バーテンダー

>レシピ
ドライ ジン 1/4  
ドライ シェリー 1/4  
ドライ ベルモット 1/4  
デュポネ 適量  
オレンジ キュラソー/グラン マニエ 1dash

>味は中口。

お酒の強さは約22度。

色は茶色。

英語名はbartender。
引用元:バーテンダー | ジンベースのカクテル – レシピ検索のカクテルデザイン http://cocktail-design.com/tabid/64/recipe/1321/Default.aspx

カジノ (Casino)
さくらんぼを原料とするリキュール、マラスキーノは大変香りがいい。しかし量を越すとバランスを失う。ややおさえ気味で使うようにすること。アルコール度数は高いので、すっきりした味わいにだまされないように。

>[ベース]ジン
>[ 材料 ]
ドライ・ジン 40ml
マラスキーノ 10ml
レモン・ジュース 10ml
オレンジ・ビターズ 2dash
引用元:カジノのカクテルレシピ – カクテルタイプ http://www.cocktailtype.com/recipe/recipe_0023.html