「ワンダーフォーゲル」カール・フィッシャー


カール・フィッシャーが考案
くるりの6thシングル
ドイツ語で「渡り鳥」
徒歩旅行を楽しむ
ターゲットボール
ワンダーフォーゲル(答)
ウォークラリー
オリエンテーリング
63%


高尾山が日本最初の大会開催地
エルンスト・シランデルが考案
もとはスウェーデンの軍事訓練
略称は「OL」
オリエンテーリング(答)

連想
1969年に野崎孝重が考案
アドバンテージホール
傘を逆さまにした形のボール
ゴルフボールにバドミントンの羽
ターゲットバードゴルフ(答)

ワンダーフォーゲル(ドイツ語: Wandervogel)は、戦前期ドイツにおいてカール・フィッシャーらがはじめた青少年による野外活動である。また、それを元にする野外活動を率先して行おうとする運動。1896年にベルリン校外のスティーグリッツのギムナジウムの学生だったカール・フィッシャー[1]がはじめた。
その思想の一部を受け、日本でも(主に)大学のクラブ・サークル活動の一環として野外活動を主とする部が発展した。これらの活動もワンダーフォーゲルと呼び、ワンゲルと略したりする。ただし日本では、ハードなトレーニングを行なう山岳部と対比して、ワンダーフォーゲルを山岳部の亜流(第2山岳部)と捉える向きがある[要出典]。
引用元:ワンダーフォーゲル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB

ウォークラリーとは、野外で開催され、グループ単位で参加するレクリエーションゲームである。

>歴史[編集]
ウォークラリーは、1975年に日本レクリエーション協会の会報誌に掲載された。それ以前にも屋外で行うゲームとしてオリエンテーリングがあったが、スピードを重視するあまり周囲の自然を楽しむ余裕がないため、それに代わるものはないかと試行錯誤の末に生み出されたもの。
1984年には、日本レクリエーション協会の呼びかけで、各都道府県や市区町村のレクリエーション協会などの主催による第1回全国一斉ウォークラリー大会が開催された。

>各グループは事前に渡されるコース図に従って進み、途中で与えられる課題を解決しながら設定された一定の時間で歩き、目的地を目指す。勝敗はタイム得点と課題得点の合計で決まるが、設定時間より早く着きすぎても減点となるので急いで進む必要はない。設定時間は、歩く速さをもとに課題解決の時間を加味して設定される。このため、体力差や年齢、性別に関係なく誰でも参加できることが利点である。
引用元:ウォークラリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC

オリエンテーリング(英語:Orienteering)は、地図とコンパスを用いて、山野に設置されたポイント(コントロール)をスタートから指定された順序で通過し、フィニッシュまでの所要時間を競う野外スポーツの一種。19世紀中頃スウェーデン軍が訓練の一環として始めたといわれる。日本ではしばしばOLと略される。これは、オリエンテーリングの語源であるドイツ語の「Orientierungslauf(方向を定めて走る)」を略したものである。
重要なのは、「走る競技」ということであり、レクリエーションのイメージではなく、クロスカントリー走のイメージで捉えた方が実際に近い。クロスカントリー走との違いは、走るコースがすべて決められているわけではないところ。
引用元:オリエンテーリング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0