「ラ・ターシュ」「シャンベルタン」「ボジョレー・ヴィラージュ」


フランスのブルゴーニュ地方で
生産されているワインを
全て選びなさい
シャンベルタン(答)
ミュスカデ
シャトー・マルゴー
25%


次のうち
フランスのブルゴーニュ地方で
生産されているワインを
全て選びなさい
ラ・ターシュ(答)
エルミタージュ コート・デュ・ローヌ地方
シャンベルタン(答)
ボジョレー・ヴィラージュ(答)
シャトー・マルゴー メドック地区マルゴー村
ミュスカデ ロワール県
25%

CIMG4990TRphjjn
次のうち、イタリアの
ピエモンテ州の二大ワインと
称されるものを全て選びなさい
バローロ(答)
アスティ
バルバレスコ(答)
引用元:「バローロ」「バルバレスコ」ピエモンテ州二大ワイン「ヴァン・ムスー」発泡ワインの総称「ムスー」泡 「シャブリ」ブルゴーニュ・シャブリ地方のフランス白ワイン http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/16841/


フランスの一流レストランで
供される、同国最高級の鶏と
いえばその産地は◯◯◯?
◯を答えなさい
ブレス(答)
リヨン北方のブレス地方

ブルゴーニュワインは、フランス東部ブルゴーニュ地方特産のワイン。
>ワインの産地名(AOC)上の「ブルゴーニュ」は、ブルゴーニュ地域圏のコート・ドール県に属すコート・ド・ニュイ(Côtes de Nuits)、オート・コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ(Côte de Beaune)、オート・コート・ド・ボーヌ、ソーヌ=エ=ロワール県に属すコート・シャロネーズ(Côte Chalonnaise)、マコネー(Mâconnais)、ローヌ県のボジョレー、さらにその遥か西方に位置するヨンヌ県のシャブリの8つの地区から成る。
引用元:ブルゴーニュワイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3

ブルゴーニュ最高のドメーヌの単独所有畑。
トップキュヴェと並ぶ評価を受ける、官能的で力強いワイン。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社(D.R.C.社)は言わずと知れた、
ブルゴーニュのトップ・ドメーヌ。
トップ・キュヴェであるロマネ・コンティの畑を中心にして周囲に広がる6つのグラン・クリュ、
ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、
グラン・エシェゾー、そしてエシェゾーとそうそうたる畑が顔を揃えます。
引用元:ラ・ターシュ | ワイン通販のENOTECA(エノテカ) https://www.enoteca.co.jp/item/detail/020681031

ブルゴーニュの中でも最も著名なアペラシオンである、ジュヴレ・シャンベルタン。
そこから生まれるワインは、力強さと品格を備え、まさに王と呼ばれるに相応しいワインといえます。 今回は、ジュヴレ・シャンベルタン特集として、エノテカが誇る名生産者をご紹介いたします。

>元々、ジュヴレ村と呼ばれていたこの地域。13世紀にベース修道院が管理する畑「クロ・ド・ベーズ」から造られるワインが有名になり、この名声を聞いたベルタンという農夫が、その隣の畑から同様の素晴らしいワインを造ることに成功しました。その畑を「ベルタンの畑」という意味の「シャン・ド・ベルタン」と呼ぶようになったのが、「シャンベルタン」という名前の始まりです。 18世紀の英雄ナポレオンはこのワインを溺愛し、その名声は不動のものとなりました。ナポレオンはロシア遠征にまでシャンベルタンを運ばせたという逸話も残っているほどです。 そして、1848年ジュヴレ村の村長が村名ワインの評判を高めるために、村名にシャンベルタンの名を付け、「ジュヴレ・シャンベルタン村」という現在の名称が誕生したのです。この時同時に、9つあるシャンベルタンのグラン・クリュの畑にも「シャンベルタン」の名が付けられました。
引用元:ジュヴレ・シャンベルタン特集 | ワイン通販のENOTECA(エノテカ) https://www.enoteca.co.jp/item/list?_label=KG

ボージョレーワイン (フランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、フランスワインの1つ。ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで生産されている。ブルゴーニュワインの1種類とされている。生産地域は、マコンとリヨンの間、ボジョレー地方の山のふもとである。
毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒をボージョレー・ヌヴォー (Beaujolais nouveau) という。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので[要出典]、ワイン業者が主な顧客であったが、その後、解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている(ブルゴーニュ地域圏のマコネー (Maconnais) 地区に隣接する地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類される)。

>ボージョレ・ヴィラージュ[編集]
AOCボージョレを構成する96ヶ村のうち、ソーヌ=エ=ロワール県の8か村とローヌ県の38か村は、ボージョレ・ヴィラージュのAOCを名乗ることができる。葡萄の収穫量やアルコール度数などが、普通のボージョレより厳しい。ボージョレ・ヌヴォーにも、このAOCが適用される。
引用元:ボジョレーワイン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3

フランスは酪農が盛んな国で、野菜や果物、肉、乳製品など、種類が豊富で美味しい。中でも、世界にその名を馳せているのはブレスの鶏ではないだろうか。この鶏を飼育しているブレス地方の中心地ブル・カン・ブレスはリヨンから北へ約40キロ、電車で約1時間の距離にある。そこで飼育と屠鳥と両方をしている生産者を訪れて見学させてもらいました。

フランスの家禽の中でAOC(原産地管理呼称)を名乗ることが出来る唯一のものがブレスの鶏です(正確に言うと、ブレス産の七面鳥もAOCを認められている)。これはブレス地方でブレス・ブランシュという羽が白く、足が青い種類を、一定の飼育方法で育てたものをいいます。一般には若鶏(1.2キロ以上)ですが、若鶏よりも時間をかけて大きく育てる肥育鳥(1.8キロ以上)、さらに大きく育てるシャポン(去勢鶏。3キロ以上)の3種に分けて飼育しています。ブレス産なら若鶏でも十分ごちそうですが、シャポンはとくにクリスマスのごちそうとして好まれ、私たちが訪れたのは年末に近い時期だったため、若鶏とシャポンの仕上げに追われていました。
引用元:辻調おいしいネット / とっておきのヨーロッパだより http://www.tsujicho.com/oishii/recipe/letter/totteoki/bresse.html