ウォッシュタイプ「ポン・レヴェック」「エポワス」「ルクロン」「ピエダングロワ」


次のうち、酒や塩水で
洗って熟成させる
「ウォッシュタイプ」の
チーズを全て選びなさい
プロボローネ ハード
ピエダングロワ(答)
ルクロン(答)
32%


次のうち、酒や塩水で
洗って熟成させる
「ウォッシュタイプ」の
チーズを全て選びなさい
ポン・レヴェック(答)
マスカルポーネ フレッシュタイプ
エポワス(答)
ルクロン(答)
ピエダングロワ(答)
ヌーシャテル 白カビタイプ
32%

CIMG1500zeGFAxKqJnKE
次のチーズと
そのタイプによる分類の
正しい組み合わせを選びなさい
モッツァレッラ───フレッシュタイプ
リヴァロ───ウォッシュタイプ
ゴルゴンゾーラ───青カビタイプ
ブリー・ド・モー───白カビタイプ

CIMG1572WBgMcjjhtRGd
次のチーズのうち
白カビタイプのものを
全て選びなさい
スティルトン ブルーチーズ
ゴーダ セミハード
ブリー・ド・モー(答)白カビ
カマンベール(答)白カビ
サンタンドレ(答)白カビ
ルブロション セミハード
引用元:イタリア「ゴルゴンゾーラ」イギリス「スティルトン」フランス「ロックフォールチーズ」「カマンベールチーズ」オランダ「エダムチーズ」ジュラ山脈モンドール渓谷「バシュラン・モンドール」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/13375/

「ウォッシュタイプ」とは、外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたチーズのこと。チーズの表面についている菌で熟成させるもので、これらの菌は分解力が強く、匂いが強烈なため、熟成中は数日ごとに表面を塩水やワイン、ビール、ブランデーなどその土地の酒で洗います。中は非常にマイルドなチーズですが、匂いが強いものが多いため、通向きのチーズと言えるでしょう。なお、製造後(輸入年月日から)4~8週間ぐらいが食べ頃です。夏は若めのもの、秋・冬は完熟したものがおいしいと言われています。
引用元:ウォッシュタイプ – チーズの種類 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社 http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/shurui/wash/

エポワスとは
エポワスは、ウォッシュタイプのチーズの代表格のチーズです。フランス・ブルゴーニュ地方のエポワス村からその名前が付きました。
美しいオレンジ色をして、少しシワが寄った表皮の内側には、クリーム色のトロリとしたやわらかな中身が詰まっています。
今や有名なエポワスですが、第2次世界大戦後には生産が途絶えかけました。その後1956年に村の有志の尽力によって復活を遂げたという歴史を持っています。
引用元:エポワス | チーズの名称 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社 http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/epoisses/

ポン・レヴェックとは
12世紀より修道院で作っていたこのチーズは当時「アンジェロ」と呼ばれていましたが、15世紀にはこの地方の町の名前「ポン・レヴェック」と呼ばれるようになりました。
熟成してくると、表皮は赤褐色に変化します。
ウォッシュにしては、マイルドな口当たりでクセがなく、ミルクのコクを楽しめるため初心者でも食べやすいチーズです。
1972年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)を取得しました。
引用元:ポン・レヴェック | チーズの名称 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社 http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/pont/

リヴァロとは
リヴァロは、フランス屈指のチーズの産地であるノルマンディ地方にある、リヴァロ村という村の名前から名付けられたチーズです。ノルマンディの三大チーズとして、カマンベールやポン・レヴェックと並んで名が通っています。
このノルマンディ三大チーズの産地は、いずれも同じペイ・ド・オージュ地区にあります。この地区は気象条件に恵まれ豊かな牧草が育っていて、起伏の多い地形が牛の成育に適していることから、濃厚で良質のミルクが取れることで知られています。
リヴァロの外見上の特徴としては、長期間に渡って熟成させるため、型崩れを防ぐために円筒形のチーズの側面に帯を巻いています。昔はアシの葉を使っていたというその帯が、ちょうどフランス軍大佐の軍帽の帯に似ていたため、このチーズは「コロネル(大佐)」というあだ名で呼ばれるようになりました。
しっとりとして濃厚な味わいです。匂いの強いウォッシュタイプのチーズの中でも、特に強烈な匂いを持ちます。
1975年にAOP(EU統一の原産地呼称保護)を取得しました。
引用元:リヴァロ | チーズの名称 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社 http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/livarot/

ルクロンはフランスのコンテ地方で作られているウォッシュタイプのチーズです。チーズそのものよりも、赤いハートが大きく描かれたパッケージに見覚えがある、という人もいるのではないでしょうか。そんなルクロンは包みを破ると真っ白いカビにおおわれた中身が顔を出します。まるでシロカビタイプのチーズのように見えますが、ルクロンはれっきとしたウォッシュタイプのチーズ。その表皮はウォッシュタイプによくみられるようなオレンジ色なのですが、そこにシロカビが生えているのでまるでカマンベールのように見えるのですね。
引用元:ルクロンチーズ http://www.pablo3.com/cheesebook/types/roucoulons/