ファミレス開店順「餃子の王将」「ロイヤルホスト」「アンナミラーズ」「デニーズ」「ジョナサン」「ガスト」

042VoKvWHN
114BpRCmmrFyw
次のレストランを
日本でフランチャイズ1号店が
オープンしたのが
早い順に選びなさい
餃子の王将 1967
ロイヤルホスト 1971
アンナミラーズ 1973
デニーズ 1974
ジョナサン 1980
ガスト 1982

餃子の王将(ぎょうざのおうしょう)は、京都府京都市山科区に本社を置く王将フードサービスが京阪神地区を中心に全国展開する、餃子を売りにした中華料理チェーンの名称。通称は「王将」、「餃子の王将」である。
大阪府を中心に、全国各地に「大阪王将」という餃子を売りにした中華料理店が存在するが、これはイートアンドが展開する別のチェーン店である。
>1967年(昭和42年)12月25日に京都市の阪急大宮駅付近(四条大宮)にて開業し、その後、全国に展開。1970年代後半からは東京地区に積極的に出店している。出店概要は、繁華街・駅前型から郊外型など幅広いエリアに出店している。店も小さなタイプから幹線国道沿いのロードサイドの大型店舗など幅広い。
引用元: 餃子の王将 – Wikipedia.

ロイヤルホスト(Royal Host)は、持株会社ロイヤルホールディングス傘下のロイヤルホスト株式会社が運営するファミリーレストランである。通称ロイホ[1]。
>1950年(昭和25年)に福岡で江頭匡一が、ロイヤルホールディングスの前身であるキルロイ特殊貿易株式会社を創業した。ロイヤルホストの1号店は、フランチャイズ店として、1971年(昭和46年)に北九州市八幡西区青山にオープンした(その後、数店のフランチャイズ店が存在したが、現在は全店直営店に業態変更している)。
引用元: ロイヤルホスト – Wikipedia.

アンナミラーズ(英語:Anna Miller’s)は、アメリカ・ペンシルベニア・ダッチのドイツ風スタイルの家庭料理とデザートパイを提供するレストランチェーン店。
日本とアメリカ合衆国ハワイ州で展開されている。しばしば「アンミラ」と略して呼称される。日本では井村屋株式会社フードサービス事業部が運営しており、同社は「アンナミラーズ」及び「アンミラー」の名称を商標登録している。
>日本で最初のアンナミラーズは1973年6月13日にオープンした青山店である。井村屋製菓(現・井村屋グループ)初代社長である井村二郎が外食産業に着目し、米国に視察に行ったことがきっかけとなり、米国アンナミラーズ社の日本でのチェーン店展開のためにライセンス契約を締結、浅田剛夫(現・井村屋グループ社長兼井村屋会長)がアメリカで本場の味と接客を学び、1号店の店長となった[1]。
引用元: アンナミラーズ – Wikipedia.

デニーズ(英称:Denny’s)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン&アイ・フードシステムズが日本国内で運営するファミリーレストランチェーンである。名称は、かつての提携先であるアメリカ合衆国の大手レストランチェーン、デニーズに由来している。但し、現在は同社との契約関係は解消されており、ブランド名だけを譲り受けた日本独自のチェーンとなっている(詳細は#沿革、#年表欄参照)。
>1974年、デニーズジャパンは初の店舗を神奈川県横浜市のイトーヨーカドー上大岡店1階に、ビルイン型店舗としてオープンさせた。アメリカのデニーズ社から料理全般のレシピ、調理器具類をそのまま日本に持ち込み、クラブハウスサンドイッチ、オムレツ、チリ、フレンチトーストなどの洋風メニューや、ステーキ、ハンバーガーなどの本格的なアメリカンメニューも手軽に利用できる店をつくり上げた。その後は競合他社と同様、郊外型ロードサイド店舗を中心に出店を続け、1980年代のファミリーレストラン黄金期には年間20店舗前後の新店舗をオープンさせた。
引用元: デニーズ (日本) – Wikipedia.

ジョナサン(Jonathan’s)は、株式会社すかいらーくが運営する都市型ファミリーレストランチェーン。 東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、山梨、静岡の都心部を中心に2013年2月現在、店舗数は310店で展開中である。
>新店舗オープン直前に提携先のサンボが倒産、提携先の消滅により急遽自社ブランドでの立ち上げを余儀無くされて商号を、「株式会社ジョナス」に変更(後に1996年ジョナサンに商号変更)・店舗名称をジョナサンとして1980年に新店舗をオープンと、紆余曲折の上での誕生であった。
>1980年 – 4月、「ジョナサン」1号店として、練馬高松店オープン
引用元: ジョナサン (ファミリーレストラン) – Wikipedia.

株式会社すかいらーく(SKYLARK CO., LTD.)は、「ガスト」や「バーミヤン」などのファミリーレストランチェーンで知られる外食産業系企業である。現在は米国の投資ファンド・ベインキャピタルが筆頭株主である。
かつては社名でもある「すかいらーく」を冠したチェーン店も存在したが、2009年に全て消滅している(後述)。
>1962年、東京都北多摩郡保谷町(現在の西東京市)のひばりが丘団地に、横川端・茅野亮・横川竟(きわむ)・横川紀夫の横川家(「横川4兄弟」)が食料品を取り扱うスーパーとしてことぶき食品を創業。地域に根ざしたスーパーとして住民の支持を得ることに成功し、店舗も1店ずつ増え経営は軌道に乗り掛けていた。
>しかし、当時の高度経済成長時に大駐車場を完備した大型店舗の巨大スーパーの進出が経営を直撃し大幅な客数減少、売上低下で店を開け続けるだけで赤字の状態となった。 経営規模の違い過ぎる価格競争が続く食品スーパー事業から他業態への転換を模索している中で、経営研究団体ペガサスクラブのアメリカ視察に参加。アメリカでは既にモータリゼーションが進み、郊外型のレストランが繁盛している点に着目。日本でもマイカーブームが急速に進み始めているところに商機を見出し、マイカーで移動するファミリー客をターゲットとしたレストランが考案された。

ガストへの大規模転換[編集]
1992年、バブル崩壊後当時の低迷を打開すべく実験店舗ブランド(当初は高級路線の実験店舗だった)だった「ガスト」を低価格の新業態で東京都小平市に一号店舗を開店。店名はスペイン語・イタリア語で「味」を意味するgusto(グスト)を英語読みしたものである。ホールでは当時としては珍しいセルフサービスのドリンクバーやワイヤレス型呼び出しベルの導入、キッチンではスーパーキッチンなどで実験中であったコンベアオーブンの導入[3]。その他、料理の出し方の変更、各ポジションなどのプリンターによる作業開始などの工夫により、より少ない従業員での運営を可能にしすかいらーくでかねてより懸案となっていた人件費率の高騰などを抑えて低価格を実現した。店員はGパンでポロシャツ、缶バッジ、スニーカーというスタイルとなった。
引用元:すかいらーく – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%8B%E3%81%84%E3%82%89%E3%83%BC%E3%81%8F