トヨタ「スプリンタートレノ」「カリブ」「シエロ」

281hrlnjpgmqvy
次のトヨタ自動車が
製造・販売していた自動車を
初代モデルが販売されたのが
早い順に選びなさい
スプリンタートレノ
スプリンターカリブ
スプリンターシエロ
41%

CIMG9178PEvKnpPsFPVF
次のイギリスの自動車メーカー
ロータスの乗用車を
初代モデルが製造されたのが
古い順に選びなさい
ロータス・エリート
ロータス・エラン
ロータス・エリーゼ
引用元:フォード「マスタング」「エクスプローラー」「エクスペディション」「トーラス」 キャデラック「XLR」「DTS」「SRX」「エスカレード」 ルノー「RENAULT」プジョー「PEUGEOT」 「ロータス」ロータス・エリート ロータス・エラン ロータス・エリーゼ http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/5110/

096EakDegH
かつて「ハチロク」の愛称で
呼ばれたトヨタの車は、カローラ
レビンやスプリンタートレノの
「◯◯86型」?
AR
LS
XX
AE(答)
「AE86」
引用元:トヨタスプリンター「トレノ」「AE」86 『頭文字(イニシャル)D』藤原拓海の愛車ナンバー『群馬 55 お 13-954』ゴロ「群馬でGOGO、お前が一番、サンキューご祝儀」 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/20455/

スプリンター・トレノ (SPRINTER TRUENO) は、過去にトヨタ自動車が生産していた自動車で、1.5L~1.6Lクラスの小型のスポーツクーペである。カローラレビンと車台を共用する姉妹車である。

>1972年3月、トヨタ・スプリンタークーペ「SL」、「SR」に対し、よりスポーティなホットモデルとして登場した。当時、スプリンタークーペには「普通」のモデルも存在したため、グレードでの区別を超えた、あくまで高性能バージョンとして用意されたサブネームが「トレノ」であった。
引用元:トヨタ・スプリンタートレノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%8E

スプリンターカリブ (Sprinter Carib) は、トヨタ自動車が生産していた乗用車で、排気量1600cc~1800ccクラスのステーションワゴンである。開発・生産は豊田自動織機製作所。乗用車ベースの4輪駆動という、クロスオーバーSUVの草分け的な存在である。

>1981年の東京モーターショーに「RV-5」の名前で参考出品され、ほぼそのままの形で1982年8月発売。全グレードが四輪駆動車という、当時としては異色のラインナップだった。
引用元:トヨタ・スプリンターカリブ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%96

スプリンターシエロ (Sprinter Cielo) は、トヨタ自動車が生産していた乗用車で、排気量1500、1600ccの小型ハッチバックセダンである。
>車名の由来[編集]
「シエロ」はスペイン語で「天空」を意味し、発売当初のキャッチコピーにもうたわれている。GM大宇(旧:大宇自動車)が生産していた「大宇・シエロ」とは無関係。
引用元:トヨタ・スプリンターシエロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%AD