わかさきけん「若桜木虔」

081ktutiztwqcx
cimg7035nsegmrrnunit
霧島那智、榛名高雄など
多くの名義を用いる作家です
若桜木虔
わかさきけん(答)
32%

若桜木 虔(わかさき けん、1947年1月29日[1]- )は、日本の作家。静岡県生まれ。本名は稲村直彦。静岡県立静岡高等学校、東京大学農学部卒業。同大学院博士課程満期退学。
大学在学中より執筆活動を開始(処女作『アンドロイドの日のために』はのちに大幅加筆、『アンドロイド ジュディ』と改題されて出版)。1977年『小説 沖田総司』でデビュー。SF、アニメなどのノベライゼーション、ゲームブック、ミステリー、時代小説、漫画原作、実用書(速読術、視力回復トレーニング、小説創作指南、英単語記憶術)などを多く執筆するほか、架空戦記のジャンルでは他数名との共同筆名として「霧島那智」を用いる。
引用元:若桜木虔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E8%99%94

若桜木虔(わかさき・けん)著『 ミステリー小説を書くコツと裏ワザ』(2016年6月5日青春出版社発行)を読んだ。

本書はまともなミステリー小説を書くための指南書ではなく、一次審査を通る新人賞応募作を書くためのポイントを示す本だ。

応募には膨大な数の作品が集まるので、特長が際立つ作品でないと選ばれない。しかも、選考者は、大部分は駄作の多くの作品を読まねばならないので、ともかく落とそうと、読み始めから欠点探しを始める。「予選落ちさせるために読む」のだ。

平凡な内容が続くと、早々に没にする。たとえ特長があっても、ありがちな欠点があると一時選考ではねられてしまい、まともに読んでもらえない。

若桜木虔(わかさき・けん)

1947年、静岡県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。

読売文化センター町田教室、NHK文化センター町田教室にて小説家養成講座の講師を25年以上務め、40名以上の生徒をプロ作家としてデビューさせている。

大学在学中より執筆活動を開始し、作家としても活躍。ミステリー、時代小説、漫画原作、SF、アニメなどのノベライゼーション、ゲームブック、実用書など、筆名を使い分けて800冊以上の著作がある。
引用元:若桜木虔『 ミステリー小説を書くコツと裏ワザ』を読む – hiyamizu’s blog http://blog.goo.ne.jp/hiyamizu72/e/b2b23d18ce8c4aa0bb60315bc0356235

虔 [意味]
ひきしまっている。ゆるみがない。かっちりとしめる。 つつしむ。緊張してつつしみ深くする。かたくるしい。くそまじめな心や態度。 むりじいする。むりにとる。転じて、強盗をいう。

部首
虍(とらかんむり,とらがしら) < 同じ部首を検索 画数 10 (その他の10画の漢字) 音読み ケン < 同じ読みを検索 訓読み つつしむ < 同じ読みを検索 熟語 敬虔 < 検索 引用元:虔(ケン,つつしむ,)の意味や読み,虔を含む男の子/女の子の名前 (3件) | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断/名前占いはよく当たる! 素敵な名前を探そう https://mnamae.jp/c/8654.html