「パブリカスポーツ」Publica sports

082tgexglbdfca
2012年に、半世紀ぶりに復刻
されたトヨタの往年の名車
パブリカスポーツ(答)
Publica sports
21%

パブリカ(Publica)は、トヨタ自動車が1961年から1978年まで生産した小型乗用車である[注釈 1]。
1950年代の国民車構想の影響を受けて開発されたパブリカは、トヨタ初の大衆車で、長年にわたって同社の生産、販売する最小車種として位置付けられた[注釈 2]。後のスターレット及びダイハツコンソルテ→シャレード、そして現在販売されているヴィッツ及びパッソ/ブーンへと連なる、トヨタ・ダイハツ両社のコンパクトカーの元流である。
引用元:トヨタ・パブリカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%AB

1962年の全日本自動車ショーに出展された幻のスポーツカー「パブリカスポーツ」。当時の開発者の「モノづくり」のこだわりに思いを馳せ、当時の開発手法にまで拘って、現代によみがえらせた人々の開発の軌跡をご紹介します。
引用元:トヨタ博物館|パブリカスポーツ復元の軌跡~夢を繋ぐ~ https://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/publicasports/

今年2月に開催された旧車イベント「ノスタルジック2デイズ」に、小さくて魅力的な1台のスポーツカーが展示された。「トヨタ パプリカスポーツ」。通称「ヨタハチ」こと「トヨタ スポーツ800」の原型になったと言われるこのクルマは、1962年に製作されたプロトタイプを当時製作に関わった方々が中心となって50年ぶりに復元したものだという。

設計と試作は、トヨタの車体製造などを請け負っていた関東自動車工業(現在のトヨタ自動車東日本株式会社)に依頼された。フロアパネルを二重にしたサイドイッチ構造や、空気抵抗低減のためガラス周りから床下表面に至るまで凹凸の少ない丸みを帯びた形状を追求し、その結果として採用されたスライド式キャノピーなどに航空機技術の応用が見て取れる。当時、関東自動車工業で設計を担当され、今回の復元作業にも携わった満沢誠氏は次のように回想されている。

「(パプリカスポーツの設計は)楽しく担当させてもらいましたが、トヨタさんの仕事はいつも厳しいけれど、あのときは特に厳しかった。3月に設計が始まって、半年で形にしなければならなかったので、夜を徹して設計を担当しました」
引用元:半世紀ぶりに図面から復元された「トヨタ パブリカスポーツ」!(前編) – Autoblog 日本版 http://jp.autoblog.com/2013/08/03/nostalgic-2days-toyota-publica-sports-1/