「ジャックフルーツ」バングラデシュのクワ科の果物 世界最大級

150hpkgmeqrljg
世界最大級の果物
クワ科
東南アジア原産の果物
和名は「パラミツ」
マメイリンゴ
ランブータン
ジャックフルーツ(答)
キワノ
47%
drgoaozozfl
引用元:Jackfruit – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Jackfruit

CIMG0731TeCqCuYgRQGj
画像タッチ
「タカ」を通貨単位とする
国はどこ?
バングラデシュをタッチ

引用元:竹山道雄『ビルマの竪琴』ミャンマーの地図と国旗 「タカ」バングラデシュ通貨 「ラングーン事件」ビルマ・ラングーンでの全斗煥暗殺未遂事件 http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/14607/


小さな赤い果実
西アフリカ原産の果物
アカテツ科
次に食べたものを甘く感じる
ミラクルフルーツ(答)
abgnquzggow
引用元:Synsepalum dulcificum – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Synsepalum_dulcificum

連想
トロピカルフルーツ
別名は「チョウセンモダマ」
フィリピンのスープ「シニガン」
インドの調味料「チャツネ」
タマリンド(答)
hegsxxyelbq
引用元:Tamarindus indica – Wikipedia, la enciclopedia libre https://es.wikipedia.org/wiki/Tamarindus_indica

連想
東南アジア原産の果物
カタバミ科
和名は五斂子(ごれんし)
切り口が星の形
スターフルーツ(答)
ntmwofdxdhw
引用元:スターフルーツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84

連想
ハート型で白い果肉
ペルー原産
カスタードアップル
別名「森のアイスクリーム」
チェリモア(答)
mvcxywhamaf
引用元:Annona cherimola – Wikipedia, la enciclopedia libre https://es.wikipedia.org/wiki/Annona_cherimola

連想
クスノキ科
ワニナシ
別名「森のバター」
カリフォルニアロール
アボカド(答)

006oJdFynO
アボカドは
◯◯◯◯科の果物?
バクカタノ
マスキビミ
クスノキ(答)
「クスノキ科」

CIMG6017
ブランデ―をベースに
卵黄などを混ぜて作る
オランダ産のリキュールは?
コィアカント
アラボマーノ
マドスキリー
アドボカート(答)
引用元:アボカド「クスノキ科」 「アドボカート」オランダ産の卵黄を用いたリキュール 「コブサラダ」コブさん由来・アボカド・ゆでたまご・鶏胸肉などの主食サラダ http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/16197/

パラミツ(ハラミツ、波羅蜜、菠蘿蜜、学名:Artocarpus heterophyllus)はクワ科パンノキ属の常緑高木。英語で、ジャックフルーツ(jack fruit)と呼ばれ、東南アジア、南アジア、アフリカ、ブラジルで果樹などとして栽培されている。東アジアでは台湾南部や中国海南省、広東省、雲南省などで栽培されている。原産はインドからバングラデシュと考えられている。バングラデシュの国の果物である。

和名は漢語由来の波羅蜜であるが、ほかにマレー語のナンカを語源とする南果(なんか)とも呼ばれ、同属異種のパンノキとの対比で、パラミツの木を長実パンの木(ながみぱんのき)とも呼ぶ。
英語ではJack fruit(ジャックフルーツ)と呼ばれるのは、マラヤラム語の「Chakka」が、ポルトガル語に借用されて「Jaca」となり、それが英語に借用され、類型を示すfruitと結びついた結果と考えられる[1]。
引用元:パラミツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%84

Mammea americana, commonly known as mammee, mammee apple, mamey, mamey apple, Santo Domingo apricot, tropical apricot,[1] or South American apricot, is an evergreen tree of the family Calophyllaceae, whose fruit is edible. It has also been classified as belonging to the family Guttiferae Juss. (1789), which would make it a relative of the mangosteen[2]

In certain Latin American countries Mammea americana is referred to as “yellow mamey” (Spanish: Mamey amarillo)[3] in order to distinguish it from the unrelated but similar looking Pouteria sapota, whose fruit is usually called “red mamey” (Spanish: Mamey colorado or Mamey rojo).[4]
引用元:Mammea americana – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Mammea_americana

ランブータン (Rambutan, Nephelium lappaceum L.) は東南アジア原産のムクロジ科の中型から大型の熱帯の果樹である。マレー語でrambutは「毛」「髪」を意味し、それに接尾辞-an(~もの)が付いて「毛の(生えた)もの」という語義を持つ。
引用元:ランブータン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3

ツノニガウリ(角苦瓜、Cucumis metulifer E. Mey. ex Naudin、シノニムCucumis metuliferus E. Mey.)は、ウリ科キュウリ属のつる植物。また、その果実のこと。ツノのあるウリ形の果実を食用とする。ツノメロンまたはキワノとも呼ばれる。ニガウリと呼ばれることのあるツルレイシ属のツルレイシとは別属に分類される。
アフリカ原産で、アメリカ合衆国のカリフォルニア州やニュージーランドで栽培されている。果実はおよそ直径 5-7cm、縦 10cm の楕円球体で、表面全体に突起がある。果皮は未熟な果実では緑色で、成熟すると薄い黄色から濃い橙色になる。果肉は半透明でうすい緑色のゼリー状で、甘みはなく、かすかに酸味がある。食用のほか、特徴的な外見から観賞用にも用いられる。
引用元:ツノニガウリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%8E%E3%83%8B%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%AA