「大徳寺納豆」麹菌で発酵させた納豆 一休宗純

260qfqjwmtvbwc
京都市北区紫野にある臨済宗の
お寺の名前が付けられた、京都
の名物は「◯◯寺納豆」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
だいとく(答)
「大徳寺納豆」
32%

大徳寺納豆(だいとくじなっとう)は、京都市北区紫野の大徳寺門前で生産されている納豆である。寺納豆の一種。

>納豆ではあるが、現代一般的に呼ばれる納豆のような「粘り気があり、糸を引くような納豆」とは異なる。塩味の、古来製法の納豆の一種であり、本来の納豆の語句はこちらの製法のものを指す。風味は味噌や醤、中国の豆豉に近い。
その製法は、麹菌を使用して発酵させ、乾燥後に熟成させたものである。中国から日本に伝来した当初は、「豉」と呼ばれ、調味料として用いられたと考えられている。
室町時代以後、納豆菌を使用した納豆と区別するため、「久喜」と呼ばれ、中国に渡航した僧が伝来したために、「寺納豆」とも呼ばれるようになった。大徳寺では、一休宗純が伝えたとされる。
引用元:大徳寺納豆 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%BE%B3%E5%AF%BA%E7%B4%8D%E8%B1%86

大徳寺一久は、大徳寺納豆の登録商標を持つ、大徳寺御用達の店。昔ながらの手作りの逸品。是非、幽玄味を御賞味下さい。

宋元の昔中国から禅僧に依って我国に持ち帰られ其の秘法を一休禅師より授りその名も一久と給わりましてより六百余年を経て参りました。

其の間時代の移り変わりと共に一久の代々が研究と工夫を重ねて今日の大徳寺納豆を完成するにいたりました。

主材料は大豆を以ってし天然加工に依りますので腐敗することなくお茶席に又飯の菜に酒の友に調味料としてもお使いいただけ其の風味は大方嗜好家に格別の禅味なるを賞せられて居ります。
引用元:大徳寺納豆でおなじみの大徳寺一久 http://www.daitokuji-ikkyu.jp/contents/natto.html