酒造好適米「美山錦」「華吹雪」「山田錦」「雄町」「五百万石」

081gwltrxrhmez
次のうち、日本酒を作るのに
適することから「酒造好適米」と
呼ばれる米を全て選びなさい
日本晴
美山錦(答)
華吹雪(答)
雄町(答)
五百万石(答)
山田錦(答)
31%

cimg1826bpdmxiqvcsao
次のうち、日本酒を作るのに
適することから「酒造好適米」と
呼ばれる米を全て選びなさい
日本晴
栃の光
美山錦(答)
華吹雪(答)
五百万石(答)
山田錦(答)
雄町

タイピング
酒造好適米として有名な山田錦が生まれた県は何県? ひらがなで答えなさい
ひょうごけん(答)
兵庫県

ですが八反錦が生まれた県は何県?
ひろしまけん(答)
広島県

ですが美山錦が生まれた県は何県?
ながのけん(答)
長野県

cimg6063
日本酒の特定名称で、「精米歩合
70%以下の白米・米麹・水・醸造
アルコールで造る清酒」と規定
されているのは?
大吟醸酒 精米歩合50%以下
純米酒 規定なし
吟醸酒 精米歩合60%以下
本醸造酒(答)

dztcrzotqif
引用元:精米歩合による日本酒の種類 | 大阪心斎橋の日本酒バー::はな酒バー http://hanasakebar.com/rice-polishing_jp.html

タイピング
清酒の香りの成分でもあるアルコールが発酵する際に生じる黄褐色の物質は◯◯◯◯油? ◯を答えなさい
フーゼル(答)

酒米(さかまい)は、日本酒を醸造する原料、主に麹米(こうじまい)として使われる米である。正式には酒造好適米もしくは醸造用玄米と呼ばれ、特有の品質が求められるため、通常の食用米や一般米とは区別される。使用される種類や方法には、近年注目すべき変化がある。

>1951年以降は正式には酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)といい、公的な統計で使われる農産物規格規程(農産物検査法)の醸造用玄米(じょうぞうようげんまい)に分類される品種を指し、一般米と区別されるようになった。心白米(しんぱくまい)と呼ばれることもある。イネ科でほとんどがジャポニカ米である。酒造適正米に関しては「酒の原料に使われる一般米」参照。
外観[編集]
同じ米でも、家庭の炊飯器などで調理して食べる食用米に比べ稈長(稲の背丈)は高くなり、穂長(稲穂の長さ)も長いのが通例である。しかし、風の強い地方では倒れにくいように、品種改良によって稈長も穂長も小さいものが次々と作られている(「都道府県開発の酒米」参照)。
一般に米の粒が大きい。これは中央部の心白を出すため精米しやすい大きさでもある。このことは専門的には「精米特性が高度精米/高度精白に耐えられる」などと表現される。食用米のように粒が小さいと、深く精米するとすぐ砕けてしまうからである。

代表的な酒造好適米[編集]
山田錦
兵庫県の項参照。
五百万石
新潟県の項参照。
美山錦
長野県の項参照。
雄町
岡山県の項参照。
八反
広島県の項参照。
八反錦
広島県の項参照。
吟風
北海道の項参照。
ゆめさんさ
若水
愛知県の項参照。
夢の香
福島県の項参照。
引用元:酒米 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E7%B1%B3