「玉子焼き(明石市)」「ラジオ焼き(大阪)」

022wwipqufolcf
たこ焼きに似た明石焼きの
ことを、兵庫県明石市では
「◯◯焼き」という?
たまご(答)
「玉子焼き」
69%

◯×
「タコヤキの原型」といわれる
大阪の食べ物はラジオ焼きである
◯(答)
×「テレビ焼き」

dbbvrvutjmq
引用元:ちょぼ焼き http://www.shirohato.com/kukuru/choboyaki.html

玉子焼(たまごやき)は、鶏卵、出汁、浮粉(うきこ)または沈粉(じんこ)と呼ばれる粉と小麦粉・タコを材料に調製される軽食で、兵庫県明石市の郷土料理である。地元の明石市または東播磨(特に加古川市、高砂市、播磨町、稲美町)、神戸市西部(西区、垂水区、須磨区など)以外の地域では、卵を調理した卵焼きと区別するため、明石焼(あかしやき)と呼ばれることが多い。

>柔らかく、直径5cm程度の球形が自重で押し潰れたような形をしており、見た目はたこ焼きに似ている。江戸時代の終わり頃から食べられていて、たこ焼きの元になった食べ物といわれている。
材料に鶏卵を使う点、生地が非常にやわらかい点、小麦粉以外に沈粉と呼ばれる小麦でんぷんの粉を使う点、焼き鍋が熱伝導が良い銅製である点、玉子焼を裏返すのに銅製の焼き鍋を傷つけないよう、金属製の道具を用いず菜箸を使う点、具が基本的にタコのみである点などが、いわゆる大阪のたこ焼きとは異なる。焼く際に焼き鍋に曳く油に胡麻油を用いる店舗がある。店によっては、タコ以外にこれも明石名産の穴子を具として入れているところもある。
小さなまな板状の木製の皿に盛り付けられ、添えて出される出汁に浸けて食べる。この出汁に浸して食べるスタイルこそが、玉子焼の最大の特色である。
引用元:玉子焼 (明石市) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E5%AD%90%E7%84%BC_(%E6%98%8E%E7%9F%B3%E5%B8%82)

明石名物玉子焼

板の上に並んだ黄色いまんまる。食べればあつあつ、ふんわり、とろーり、そしてコリコリっとタコの心地よい歯ごたえ…。これなくして明石は語れない明石食文化の一つ。 地元では「玉子焼」の名で親しまれ、別名「明石焼」として全国的に知られています。 そんな玉子焼のお店が明石市内には70軒以上点在しています。
引用元:明石焼(玉子焼) |  一般社団法人明石観光協会 http://www.yokoso-akashi.jp/eat/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E7%84%BC%EF%BC%88%E7%8E%89%E5%AD%90%E7%84%BC%EF%BC%89/index.html

ラジオ焼き(ラヂヲ焼き)は、たこ焼きの元祖であり、スジ肉を具材として丸く焼いた粉もの料理である。球状にくぼんだ鉄板を使用して、小麦粉を主体とする生地と他の具材を入れて丸く焼き上げる。ちょぼ焼き板を使用してカンテキで焼く「ちょぼ焼き器」・「ちょぼ焼きコンロ」という調理器具も使用されていた。
子供のおやつの屋台を中心に、明治〜大正で流行していた[1]。また、昭和8年ごろちょぼ焼きにおでん種として用いられる醤油味の牛スジ肉を入れて売っていたともされ[2]、当時まだ高価でハイカラの象徴だったラジオにあやかってラジオ焼きと呼ばれるようになった。
引用元:ラジオ焼き – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E7%84%BC%E3%81%8D

ちょぼ焼きは、ラジオ焼き、たこ焼きの原型であり[1]、地域によっては一銭焼き(一銭洋食・一銭定食等とも言う)を一括りにした呼称として用いられている。 そのルーツから、現在におけるもんじゃ焼きやお好み焼き、たこ焼き等と類似する。
引用元:ちょぼ焼き – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%BC%E7%84%BC%E3%81%8D