兼六園「雪吊」樹木から放射状に縄を張り雪害を保護

326djgowryurok
兼六園のものが有名な
これを何という?
(画像出題)
ゆきづり(答)
ゆきつり(答)
「雪吊」
30%

280FhgNKuD
日本三名園に数えられる
この日本庭園がある都道府県は?
(画像出題)
京都府
岡山県(答)「後楽園」
石川県 「兼六園」
茨城県 「偕楽園」
引用元:岡山県「後楽園」 「沢の池」の画像 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/17806/

雪吊(ゆきづり・ゆきつり)は、冬季、雪が付着することで、樹木の枝が折れないように縄で枝を保持すること。雪つりとも表記される。
>樹木の幹付近に柱を立て、柱の先端から各枝へと放射状に縄を張ることをりんご吊りといい、雪吊の代表的手法である。これは、明治以降、西洋リンゴの栽培が日本で始まり、リンゴの実の重さから枝を守るために行った初期の技法に由来する。また、美観目的で、りんご吊りを模して樹木の周囲に縄を張ったものも、積雪対策ではないが雪吊という。

>の多い日本の東北地方や北陸地方などで雪吊は用いられるが、代表的なものとして石川県金沢市の兼六園がある。兼六園では、例年降雪期前の11月に雪吊が施され、降雪期が終わる3月に外される[1]。また、降雪が少ない関東地方でも、東京都新宿区の甘泉園公園では冬の風物詩として雪吊が施される。
引用元:雪吊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E5%90%8A

こも巻き(こもまき、菰巻き)は、江戸時代から大名庭園で行われてきたとされる害虫駆除法で、マツカレハの幼虫(マツケムシ)を除去する方法のひとつ。マツカレハの中齢幼虫は、冬になると、地上に降り、枯れ葉の中などで越冬する習性を持つ。このため、11月頃、マツやヒマラヤスギの幹の地上2mほどの高さに、藁でできた「こも(菰)」を巻きつける。春先に、この「こも」の中で越冬したマツカレハの幼虫を「こも」ともども焼却し、マツカレハの駆除をする。施術の時期的に冬支度のように解釈する向きもあるが、決して防寒目的ではない。

>この駆除法の効果と問題点を比較検証した研究で新しいものとしては、兵庫県立大学環境人間学部の新穂千賀子らが2002年から5年間かけて姫路城で行った調査[1][2][3][4]があり、これによればこも巻きに捕まったマツカレハはわずかであり、対して害虫の天敵となるクモやヤニサシガメが大多数を占め、害虫駆除の効果はほとんど無く、むしろ逆効果であることを証明した。

>そのため、皇居外苑や京都御苑では既に20年以上前から行われておらず、浜松市も2007年から中止し[1]、姫路城でも例年行っていたが逆効果であるなどの理由により平成27年12月から中止した[8][9]。
引用元:こも巻き – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%82%82%E5%B7%BB%E3%81%8D

兵庫県姫路市は27日までに、世界文化遺産・国宝姫路城で毎年行ってきた冬の風物詩「こも巻き」を、今年からやめることを決めた。松の木を害虫から守るために1960年代から続けてきたが、専門家から「効果がないどころか逆効果」と指摘を受け決断したという。
引用元:神戸新聞NEXT|社会|姫路城の冬の風物詩中止 松の「こも巻き」逆効果 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201511/0008602493.shtml