「オリボーレン」オランダのドーナツ 大晦日に食べ新年を迎える オイルボール

148wrwxsizhlqp
オランダで大晦日に食べる
穴の開いていないドーナツ
オリボーレン(答)
oliebollen
25%

An oliebol (Dutch pronunciation: [ˈoːlibɔl], plural About this sound oliebollen (help·info)) is a traditional Dutch and Belgian food. They are called oliebollen (literally: oil spheres) in the Netherlands, while in Belgium they are also called smoutenbollen (literally: lard balls although the real “smout” is of rapeseed oil) and croustillons (loosely: crispies) in French. In English they are more commonly known as Dutch Doughnuts or Dutchies. In the distant region of Istria, now split into the countries of Italy, Croatia and Slovenia, a variation of this dish is called fritole, fritule and blinci. In Serbia they are called uštipci.
引用元:Oliebol – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Oliebol

オリボーレン(Oliebollen)は、オランダの代表的なお菓子。大晦日のごちそうです。
大晦日に近づくと、オランダの街にはオリボーレンの甘い香りが漂い始めます。食べると幸せな新年が訪れるとされているシンプルな一ロドーナツで、花火で飾ったり、時にはカラシを入れてイタズラしたり、中に幸運の銅貨や小さなボンボン、おみくじなどを入れて新年を占います。
オリボーレン(oliebollen)とは、「油のボール(olie-bol)」の名の通り、まるい形をした揚げ菓子のこと。オランダでは、大晦日の夜、たくさんのシャンパンやワインとともに、山ほどオリボーレンを作って食べる習慣があり、「今年はウチに、オリボーレンを食べに来ないか?」という会話が交わされるとか。
家庭ごとのレシピが存在し、町中のケーキ屋台やスーパーでも売り出される、この時季の風物詩的なお菓子なのです。
引用元:オリボーレン(Oliebollen) – 世界の料理レシピ http://www.area0.biz/recipe/dutch/815.html