「VERTU」超高級携帯ブランド コンシェルサービス 高品質素材のハンドメイド機

019fyhmapgkjhr
フィンランドの会社ノキアが
展開する超高級携帯ブランド
VERTU(答)
ヴァーチュ
40%

VERTU
HANDMADE IN ENGALND
引用元:Vertu Official Website | Vertu http://www.vertu.com/

Vertu(ヴァーチュ[1])は(本拠地は英国南部・チャーチ・クルッカム(英語版))高級携帯電話ブランドである。

>概要[編集]
時計業界でのロレックスやIWC、パテック・フィリップ等以上の存在感を持つ携帯電話、とのコンセプトのもとに、2002年に富裕層向けの高級携帯電話ブランドとして展開を開始し、現在ヨーロッパやアジア、中東、アメリカ等の諸国で展開している。
職人の手作りによるダイヤモンドなどの宝石やプラチナ、金などをちりばめたデザインの、数十万円から数百万円の価格で販売される電話機と、質の高いコンシェルジュサービスの提供をしている。
Vertuの携帯電話端末には必ずコンシェルジュボタンがあり、利用者はボタンを押すだけでユーザー専用のコンシェルジュに電話をかけ、様々なサービスや情報を受けることができる。

2009年2月19日、銀座にて旗艦店をオープンし、2009年9月1日には、日本橋三越本店内に2号店をオープンさせている。また2010年6月1日には渋谷西武百貨店に3号店をオープンさせた。そこでは「シグナチャー(Signature)」・「アセント・ティー・アイ(Ascent Ti)」・「アセント・ティー・アイ フェラーリ(Ascent Ti Ferrari)」3種の販売を行っている。端末価格は67万~600万になるが、ワンセグやiモードなどの日本向けの機能は搭載しない。その代わり、Webやメール、情報配信サービスが利用できる。電話帳お預かりサービスと同様なサービスを受けることもできる。[5]。予約者にはメンバー向けサービス「VERTU Club(ヴァーチュ・クラブ)」が開始予定の2009年9月に届くが、音声通信を先行利用する顧客は、SIMロックフリー端末を受け取り、9月以降「VERTU Club」に加入することもできる[6]。
しかしながら、スマートフォンの普及などによるVertu事業のみならずノキア自体の経営環境の悪化により、ドコモとの回線契約が切れる2011年8月末をもってサービスを終了することとなった[7]。
引用元:Vertu – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Vertu

これだけ高いのだからさぞかし機能もすごいのだろうと思いきや、スマートフォンは1種類のみで(2011年7月現在)、しかもその製品はラインナップの中では下の部類に属します。メイン製品はフィーチャーフォンであり、しかも特にこれといった機能は搭載していません。

 一方で本体素材は金属を採用したしっかりとした作りになっています。金や銀を使ったモデルもありますし、ダイヤモンドを散りばめた製品などは“高い宝石を使っただけの携帯電話”と思われるかもしれません。ですがVERTUは“その程度の製品”ではありません。目の肥えた富裕層から支持を受けるだけの“本物”を作り続けているのです。

1台1台手作りの作り込まれたボディー、ベアリングを内蔵し数千回押してもぐらつきがこないキーパッド、セラミック製で傷のつかないスピーカー部分、サファイアグラスで保護フィルム不要のディスプレイグラスなど、VERTUの本体には“高級”というよりも“質感の優れた”素材が惜しげもなく使われています。スピーカー音質もまるで音楽プレーヤー。ベースだけでも高いパーツを組み合わせているのですね。

 そしてそのベース上に高級な素材や宝石を組み合わせることで、富裕層が納得して購入できる製品を作り出しているのです。海外市場では同社製品の売れ行きは好調。いったいどんな人が買うんだろうと思われるでしょうが、高級腕時計や高級車のように、高級携帯電話を買う層というものが世界中には一定数存在するのです。
引用元:100万円の超高級携帯『VERTU』購入記(前編)~買ったワケ~ – 週刊アスキー http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/052/52957/