ズッコケ「熟年」三人組 ズッコケシリーズ完結編

466JRXdkPRLNbY
2015年12月刊行の那須正幹の小説
『ズッコケ三人組』シリーズ完結
編は『ズッコケ◯◯三人組』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
じゅくねん(答)
『ズッコケ塾年三人組』
44%

CIMG2913
児童文学『ズッコケ三人組』
シリーズの作者は?
那須正幹
なすまさもと(答)

文字パネル
人気シリーズ「ズッコケ三人組」の舞台となっている架空の都市といえば稲穂県◯◯◯市?
ミドリ(答)

XuOykEHLKrO
花山町駅前再開発が順調に進むなか、ミドリ市に豪雨が降り、大きな土砂災害が起こる。50歳をむかえた三人は──シリーズ完結巻!
引用元:ズッコケ熟年三人組 :那須 正幹,前川 かずお,高橋 信也 | ポプラ社 http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=80080300

誰もが一度は読んだことがあるのではないだろうか。大人気の児童書、「ズッコケ三人組シリーズ」。あのハチベエ、モーちゃん、ハカセの物語が、40年もの歴史に幕を閉じた。

第1作目『それいけズッコケ三人組』の刊行は1978年だった。そこから2004年までに毎年2冊のペースで書き続け、子ども時代の3人を描いた本編はなんと50作品に上る。さらには2005年から続編として40歳になった主人公たちを描く『ズッコケ中年三人組』が始まり、そして2015年12月にシリーズ全体の完結作として『ズッコケ熟年三人組』が刊行された。

気づけばハチベエら主人公たちの年齢は50歳を迎え、だんだんと重みを増すストーリーは、同じスピードで成長する読者にも刺さっていった。おそらく最も読まれた児童文学作家であろう那須正幹先生に、ズッコケ秘話を伺った。

那須先生がズッコケシリーズを執筆するにあたって、大事にしていたのが資料調べや取材の時間だ。「書き始めてからは早いです。筆を起こしてから書き上げるまではだいたい2ヶ月くらい。その前の調べものと取材で時間を取りますね」。

>子ども時代を書いた作品に比べ、最近の中年以降のシリーズ作品は、よりリアリティーも求められる。

「子ども時代の作品だと、『うわさのズッコケ株式会社』を書く時に商法の本を5、6冊読んだり、『ズッコケ財宝調査隊』は北京原人の骨が見つかる話だから、歴史の資料を読んだくらい。中年はリアルタイムというか、今の時代を書いてるから、資料も全然違う。例えばハチベエが裁判員になる時には、裁判所に通ったりしたね」

今回刊行された完結編『ズッコケ熟年三人組』は、2014年に起きた広島の土砂災害をテーマに扱った。中年シリーズ以降のなかでもひときわ重く、リアルな内容となった。
引用元:あの「ズッコケ三人組」が50歳に! 作者の那須正幹さんに聞く“中年のリアル” | HRナビ by リクルート http://hrnabi.com/2016/02/04/10240/

ズッコケ中年三人組(ズッコケちゅうねんさんにんぐみ)は、那須正幹作の小説作品。同著者による児童文学『ズッコケ三人組』シリーズの続編である。そのため児童文学と誤解されがちだが、実際には一般文学作品である。
引用元:ズッコケ中年三人組 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%B1%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E4%B8%89%E4%BA%BA%E7%B5%84