アレキサンダー・「ワン」台湾系アメリカ人デザイナー 2004ブランド設立

020xKLTsKO
自身の名を冠したブランドも
展開する、台湾系アメリカ人
ファッションデザイナーは
アレキサンダー・◯◯?
ケン
ウー
ロイ
ワン(答)
「アレキサンダー・ワン」
Alexander Wang
18%

アレキサンダー・ワン(Alexander Wang、1984年5月17日 – )は、台湾系アメリカ人のファッションデザイナー[1]。また、彼の名前を冠にしたファッションブランドである。
>幼いころからファッション雑誌に夢中で、2歳のころから母親のためにファッション画を描くような子供であり、兄の結婚式では15歳のアレキサンダーが兄嫁のために35着のドレスをデザインして最初のファッションショーを行なった[2]。ニューヨークに移り住み、ティーン・ヴォーグやマーク・ジェイコブズ・コレクションなどでインターシップを経験したのち、メーカーに勤めていた兄嫁のエイミーとともにニットウェアのビジネスを始めた[2]。
>2012年12月、バレンシアガのクリエイティブ・ディレクターに就任。
引用元:アレキサンダー・ワン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%B3

ブランドについて

 アメリカ・ニューヨーク発のブランド。デザイナー Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)により2004年デビュー。
 ”着飾ることで誰もがグラマラスになることはできます。ただ、わたしがもっと興味をそそられるのは日常で人々が着る服なのです。”とデザイナー Alexander Wangは語る。
引用元:アレキサンダー・ワンについて – About ALEXANDER WANG | Fashionsnap.com http://www.fashionsnap.com/dictionary/alexander-wang/

ブランドのはじまり
2004年、アレキサンダー ワンが自身の名を冠したブランドを設立。

アレキサンダー ワンについて
「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」は、アメリカ、ニューヨークを拠点とするファッションブランド。

デザイナーのアレキサンダー ワン(Alexander Wang)は、1984年、アメリカのサンフランシスコにて、台湾系アメリカ人の家系に生まれる。18歳のときにニューヨークに渡り、パーソンズで2年間ファッションを学ぶ。在学中にマーク ジェイコブス、デレク ラム、ヴォーグ(ファッション誌)などでインターンを経験。

>2012年から2015年にかけて、バレンシアガのクリエイティブ・ディレクターにアレキサンダー・ワンが就任した。

2013年秋に日本初となる旗艦店を青山にオープンする。2016年、アレキサンダー・ワンは自身のブランドのCEO兼チェアマンに就任した。

アレキサンダー ワンのコレクションは、バーニーズ ニューヨーク、ハーベーイニコルズ、ブラウンズ、リステア、インターナショナルギャラリービームス、ユナイテッドアローズなど世界各国約200のセレクトショップで販売される。
引用元:アレキサンダーワン : ALEXANDER WANG http://www.fashion-press.net/brands/273