「ボーネルンド」日本「ギガミック」フランス「フィッシャープライス」アメリカ

032RAORtyL
屋内施設も数多く手がけている
日本の知育玩具メーカー
ボーネルンド(答)
BORNELUND
17%

CIMG1663TOgGKWERzepq
次の知育玩具のメーカーと
発祥の国の
正しい組み合わせを選びなさい
ギガミック───フランス
ボーネルンド───日本
フィッシャプライス───アメリカ
ブリオ───スウェーデン

032CajbkqYMry
フィンランドの家の庭にある
子供用の小さな家のこと
レイキモッキ
Leikkimökki
引用元:「レイキモッキ」 フィンランドにある「子供用の家」  Leikki「おもちゃ」mokki「別荘」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/2057/

ボーネルンド(BørneLund)は日本の玩具会社。
>子どもの健全な成長に「あそび」がとても大切だとの考えから、あそびの道具と環境を提供することを通して、子どもの成長に寄与することを目的としている。1981年(昭和56年)7月7日に設立。「ボーネルンド」の名称は、デンマーク語の「børne(子ども)」と「lund(森)」から付けられている。
「あそぶことは生きること」をキャッチフレーズに知育玩具や育児用具などの輸入、開発、販売を手がける。子どものあそびの「道具」としてふさわしいものだけを世界中から厳選しているほか、本物にこだわったオリジナルの商品(積み木、木琴など)も開発している。下記直営店(「フラッグシップショップ」)のほか、百貨店を中心に「ボーネルンドショップ」などを展開し、日本国内に75ヶ所の店舗がある。店頭では通信誌『あそびのもり』を発行し、あそびの大切さや、あそび道具の選び方、世界の子育て情報など、総合的に子育てを応援する情報を発信している(年2回)。公式サイトにはオンラインショップや、各店舗の取り組みがリアルタイムにわかる、店舗ごとのブログもあり充実している。
引用元:ボーネルンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%89

フランスの脳トレ、ギガミックは、シンプルなルールが故に奥深いゲーム性と オブジェとしての美しさを追求したプロダクト・デザインの完成度の高さが特徴で、それが世界各国で国際的な賞を受賞している理由です。
ヨーロッパのカフェやバーで、ギガミックを楽しむ大人たち。 世界の教育現場で採用され、ギガミックで学ぶ子どもたち。 年齢や文化や言葉を超えて世界中の誰とでも遊ぶことができます。

><ギガミック社>は、 1991年、Gires三兄弟によってフランス・ブローニュに設立されたました。
Gires兄弟が目指したものは、シンプルなルールが故に奥行きのある究極のゲームであり、なおかつインテリアとしても機能するデザインでした。
引用元:Gigamic(ギガミック) CAST JAPAN inc. | 株式会社キャストジャパン(輸入玩具、雑貨をお届け) http://www.cast-japan.com/brands/gigamic/

フィッシャープライスのあゆみ
1930年、ハーマン・フィッシャー、アーヴィング・プライス、ヘレン・シェリーの3人によってフィッシャープライスは誕生しました。当時は世界大恐慌に見舞われ、新しいビジネスを立ち上げるには大変厳しい状況でしたが、最初に発売したおもちゃは目新しさと魔法のような仕掛けが人気を呼び、瞬く間にヒット商品となりました。

>フィッシャープライス本社
フィッシャープライスの本社は、ニューヨーク州のイーストオーロラという、歴史を感じる小さな町にあります。 バッファローから南東およそ20分の距離に位置するイーストオーロラには、かわいらしい古い家並みや、ゆるやかな丘、立派な学校などがあり、心やさしいフレンドリーな人々が住んでいます。
引用元:Fisher-Price® Human Resources – About Us http://www.fisher-price.com/ja_JP/about_us.html