紀田順一郎・荒俣宏『世界幻想文学大系』

924wwvQopN
次のうち、国書刊行会で
出版された『世界幻想文学
大系』を責任編集した人物を
1つ選びなさい
横田順彌
紀田順一郎(答)
種村孝弘
高山宏
澁澤龍彦
荒俣宏(答)
44%

世界幻想文学大系(せかいげんそうぶんがくたいけい)は、ヨーロッパ・アメリカ文学を主とする幻想文学叢書で、1976年から1986年にかけ、数期に分け国書刊行会で出版された。
責任編集は紀田順一郎と荒俣宏。担当編集者は現・水声社代表の鈴木宏。
1976年度の日本翻訳出版文化賞を、「刊行第一期」で国書刊行会が受賞している。一部が新装単行版で、再刊されている。ちくま文庫でも数冊が再刊された。
引用元:世界幻想文学大系 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%B9%BB%E6%83%B3%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E7%B3%BB

紀田 順一郎(きだ じゅんいちろう、1935年4月16日 – )は、日本の評論家、翻訳家、小説家。本名は佐藤 俊(さとう たかし)。神奈川県横浜市中区生まれ。横浜国立大学神奈川師範学校横浜中学校から慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部卒。
ペンネームの「紀田」はきだみのるから、「順一郎」は谷崎潤一郎に由来している。
>幻想小説、怪奇小説の翻訳も多い。大学生時代の荒俣宏と出会い、コンビで怪奇幻想文学の叢書をいくつも立ち上げる。国書刊行会から刊行された、「世界幻想文学大系」はその記念碑的産物で、カルト出版社としての国書刊行会もこの叢書で決定づけられた(この企画は、あちこちの出版社に持ち込み、ことごとく断られたが、国書刊行会を訪問したところ、社長の即断で刊行が決定したという)。
引用元:紀田順一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E7%94%B0%E9%A0%86%E4%B8%80%E9%83%8E

荒俣 宏(あらまた ひろし、1947年7月12日 – )は、日本の博物学者、図像学研究家、小説家、収集家、神秘学者、妖怪評論家、翻訳家、タレント、元玉川大学客員教授、武蔵野美術大学造形学部客員教授、サイバー大学客員教授、日本SF作家クラブ会員、世界妖怪協会会員。翻訳家としての筆名に団 精二(だん せいじ)を用いていた。また、雑誌『BOOKMAN』における筆名に本野 虫太郎を用いていた。
日本大学藝術学部芸術研究所教授などを歴任した。
引用元:荒俣宏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E4%BF%A3%E5%AE%8F

株式会社国書刊行会(こくしょかんこうかい、Kokushokankokai Inc.)は、東京都板橋区に本社を置く日本の出版社。1971年設立。
>『世界幻想文学大系』の出版以来、幻想文学やオカルト関連の翻訳本出版で一般には知られている。特に、ファンタジーでない実際の魔術に関する基本的書籍は、ほとんどここから刊行されており、アレイスター・クロウリーの法の書の邦訳版を刊行したことも有名である。なお『世界幻想文学大系』は、紀田順一郎と荒俣宏が企画しあちこちの出版社に持ち込んだが、あまりに壮大な企画のためにことごとく断られ、諦めかけている折にたまたま国書刊行会を訪ねたところ、社長の一存でたちどころに出版が決定したという。
引用元:国書刊行会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%9B%B8%E5%88%8A%E8%A1%8C%E4%BC%9A