かんおみつぎこ「神麻嗣子」西澤保彦『超能力事件簿』シリーズ

005lVyuMzA
西澤保彦の「超能力事件簿」
シリーズで活躍します
神麻嗣子
かんおみつぎこ(答)
29%

033mnZfswB
大和朝廷に仕えた
渡来人の機織技術者
漢織
あやはとり(答)
32%
引用元:あやはとり「漢織」渡来人の絹織工 「漢氏」あやうじの「機織」はたおりから http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/26277/

『神麻嗣子の超能力事件簿』(かんおみつぎこのちょうのうりょくじけんぼ)は、西澤保彦の推理小説シリーズである。カバーイラストと挿絵は水玉螢之丞。
このシリーズは、超能力が実在するが、一般人にはそれが知られていない世界を舞台にしている。エスパーが関わっていると思われる事件に対して、誰がエスパーなのか、超能力をどう使って犯罪を行ったのかなどを、主人公たちが推理するのが主なテーマとなる。また、作者独自の珍名趣味がチョイ役クラスにまで徹底されており、ごくごく稀に笹本、吉川など普通のネーミングが登場するが、この意図は不明である。2006年以降新作が発表されておらず、文庫版も「ソフトタッチ・オペレーション」を除き全作絶版となっている。(講談社文庫解説目録2014年4月版)
引用元:神麻嗣子の超能力事件簿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%BA%BB%E5%97%A3%E5%AD%90%E3%81%AE%E8%B6%85%E8%83%BD%E5%8A%9B%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF

時空を超えた事件 解明するのは美少女!?

ワンマンで女好きの社長宅で開かれた新年会。招待された男2人と女2人は、気がつけば外に出ることが出来なくなっていた。電話も通じない奇妙な閉じられた空間で、社長の死体が発見される。前代未聞の密室の謎に挑戦する美少女・神麻嗣子(かんおみつぎこ)たち。

大人気<チョーモンイン>シリーズ長編第1作、待望の文庫化!
引用元:『幻惑密室』(西澤保彦):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062737777

神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)・神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)はいずれも三重県松阪市にある神社。元々は同じ場所に鎮座していたが、大垣内町の神服織機殿神社と井口中町の神麻続機殿神社の2社に分かれたと考えられている。いずれも皇大神宮(内宮)所管社で、両社を合わせて両機殿と呼ぶ。両機殿の所在地は旧機殿村で、松阪市立機殿小学校に「機殿」の地名を残している。
両機殿で行なわれる御衣奉織行事は松阪市の無形民俗文化財に指定されている。
>歴史[編集]
『倭姫命世記』では垂仁天皇25年、倭姫命が天照大神を伊勢の百船(ももふね)度会国玉掇(たまひろう)伊蘇国に一時的に祀られたときに建てられた神服部社(はとりのやしろ)がのちの麻績機殿神服社で、内宮が現在地に定まったときに内宮近くに機殿を作り、天棚機姫神(あめのたなはたひめのかみ)の孫の八千々姫命(やちぢひめのみこと)に神の教えに従って和妙を織らせた。倭姫命は翌垂仁天皇26年、飯野高丘宮に機屋を作り、天照大神の服を織らせた。そこに社を建て、服織社(はたとりのやしろ)と名付けた。神麻績氏の住む麻績郷(おみのさと)で荒衣を織らせた。天智天皇7年(668年)8月3日に両機殿が火災で失われたため、この年の9月の神御衣祭のための作業は仮屋で行ない、その後30丈離して両機殿を別々に建てたと記されている。
引用元:機殿神社 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E6%AE%BF%E7%A5%9E%E7%A4%BE

神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)  皇大神宮所管社
神麻続機殿鎮守神(かんおみはたどののまもりのかみ)
祭神は神御衣祭(かんみそさい)に供進される荒妙(あらたえ・麻布)を奉職(毎年5月と10月の上旬に神職が参向する)する御機殿の鎮守の神、神麻続機殿鎮守神。御機殿は八尋殿(やひろでん)といい、向かって右の萱葺の建物である。社地には小社殿ながら、所管社の神麻続機殿神社末社八所、祭神は神麻続機殿鎮守御前神(かんおみはたどののまもりのみまえのかみ)がご鎮座されている。上機殿(かみはたどの)とも呼ばれている。
引用元:神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ) http://www.jingukaikan.jp/125mairi/m09/0901.html