「松沢呉一」アングラに精通したライター 村田ビデ雄名義

085phYqldk
「村田ビデ雄」などの名義も使用
TV番組『11PM』などに出演
アングラ系の情報に強い
唐沢俊一、小林よしのりらと論争
松沢呉一(答)まつざわくれいち
村崎百郎 むらさきひゃくろう
泉麻人
えのきどいちろう
15%


『社会派くんがゆく!』
漫画『ほんとうに怖い童話』原作
『鬼畜のススメ』
『電波系』
村崎百郎(答)

連想
中大在学中にコラムニストに
ナンシー関を発掘
日光アイスバックスの取締役
ラジオのMCとしても活躍
えのきどいちろう(答)

松沢 呉一(まつざわ くれいち、1958年9月18日 – )は、コラムニスト、編集者、フリーライター、性風俗研究家、古本蒐集家。
>本名・伊藤嘉[1]。出身地を含めて真の経歴は不明。1990年代のコラムを持っていた『週刊SPA!』等では広島県出身とすることが多く、近年もインタビューで「広島県呉市出身で、松沢呉一というペンネームは、祖父が呉で一番になれって付けてくれた事になっている嘘名前」等と語っている[2]。
>30代でライター専業となる。幅広いジャンルを手掛け、この間のペンネームは、デザイナーとして”幸田図版”、ビデオ評論家”村田ビデ雄”、ドラッグ研究家”麻薬師丸ヒロポン”、音楽評論家”皮むけ隆一”、オカルティスト”ブードゥー小百合”、町の考古学者”メソポタミア二郎”、博学家”こりゃまた宏”などを名乗り、活字になったものだけで20は越える。またテレビ「11PM」には汚物評論家”おりものまさお”、モンド評論家”中村モンド”として出演した[6]。
引用元:松沢呉一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B2%A2%E5%91%89%E4%B8%80

村崎 百郎(むらさき ひゃくろう、1961年 – 2010年7月23日)は、日本のフリーライター、漫画原作者。北海道出身。漫画家の森園みるくは妻。
出版社勤務を経て、1990年代のいわゆる悪趣味ブーム・鬼畜ブームにおいて「鬼畜系ライター」として登場し、2000年代にかけて活動した[1][2]。
>1996年、根本敬との共著で初の単行本『電波系』を出版。初の単独著作となる『鬼畜のススメ 世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!! みんなで楽しいゴミ漁り』の著者略歴で、「1961年 シベリア生まれ。最終学歴は中卒。1980年に上京。1995年より「すかしきった日本の文化を下品のドン底に叩き堕す」ために“鬼畜系”を名乗り、この世の腐敗に加速をかけようと「卑怯&卑劣」をモットーに日本一ゲスで下品なライター活動をはじめる。」としていた。なお『鬼畜のススメ』は“鬼畜的生き方の入門書”として、ゴミ漁りのノウハウを詳細に解説している本であり、村崎が日々マンションなどのゴミ集積場から持ち帰った種々のゴミを分析するさまが綴られている。
引用元:村崎百郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%B4%8E%E7%99%BE%E9%83%8E

えのきどいちろう(男性、1959年8月13日-)は、日本のコラムニスト。本名榎戸一朗(読み方同じ)。
>秋田県出身。中央大学杉並高等学校、中央大学経済学部卒業。大学在学中に仲間内で発刊したミニコミ誌「中大パンチ」が宝島の編集者の目に留まり、在学中からコラムニストとして活動を始める。消しゴム版画家のナンシー関を、当時ホットドッグプレス編集長をしていたいとうせいこうに紹介して、世に送り出した。
2007年から、アイスホッケークラブチーム「H.C. TOCHIGI 日光アイスバックス」の運営会社である、株式会社栃木ユナイテッドの取締役を務める。北海道日本ハムファイターズの大ファンとしても知られ、現在も北海道新聞でコラムを連載中(隔週)。
引用元:えのきどいちろう – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%88%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%A9%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%8D%E3%81%86

泉 麻人(いずみ あさと、1956年(昭和31年)4月8日 – )は、日本のコラムニストである。本名、朝井 泉(あさいいずみ)。
>1956年(昭和31年)、東京都生まれ。慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学商学部卒業。
デビュー初期は「若者の間で流行している風俗を面白おかしく伝える」コラムニストであったが、後には昭和時代の思い出や、電車やバスなどの交通機関、昭和のB級ニュースについてなど、「近過去のレトロ」系の題材を得意とするようになった。
泉のコラムは東京近郊の私鉄やバス会社の情報誌などにも多く掲載され、その会社の旧型車やバス停などの個々を細かく解説し、話術から「現地に行ってみたい」と思わせる効果があるため、掲載後に一時的にその会社の収益が増える現象も起こっている[1]。
引用元:泉麻人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%89%E9%BA%BB%E4%BA%BA