「EMODA」エモダ MARK STYLERが展開する若い女性向けブランド 元プロデューサー松本恵奈

168xsYnuqh
20代女性に人気の
青文字系ファッションブランド
EMODA(答)
21%
エモダ

170nlSuRzd
渡辺直美がプロデュースした
ファッションブランドです
PUNYUS(答)
プニュズ
引用元:「PUNYUS」プニュズ 渡辺直美がプロデュースするファッションブランド 豊富なサイズ展開 http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/23145/

CIMG4987
船越保孝が設立したゴスロリ
のファッションブランドです
アリスアウアア(答)
alice auaa
引用元:「マンサ・ムーサ」マリ帝国第10代の王「豪勢なメッカ巡礼」人類史上最高のお金持ちとも 正統カリフ「アブー・バクル」「ウマル」「ウスマーン」「アリー」ゴロ「正統カルビ炙るとうまい、薄口アリ」 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/14723/

松本 恵奈(まつもと えな[1]、1985年11月23日[2] – )は、ファッションブランドのプロデューサー、およびファッションモデル[3]。ファッションブランド『EMODA(エモダ)』の元プロデューサー、現在は新ブランド『CLANE(クラネ)』のクリエイティブディレクター。その傍らモデルとしての活動も見せている[4]。
>『EMODA』[編集]
2009年の10月初めに自身のプロデュースによるファッションブランド『EMODA(エモダ)』が発足[7]。そしてその翌2010年の2月、渋谷109内に初の実店舗を開業[8]。渋谷109史上歴代3位の初日売上を記録した[9]。浜崎あゆみと若槻千夏に次いでの3位で、同時に大阪の心斎橋OPAでも2位の初日売上であった[10]。新規ブランドながら異例の急成長を記録し、同年のうちに5店舗を新たに開業、さらに渋谷109内の店舗も拡大リニューアルさせる運びとなった[11]。2013年にはコスメ部門にあたる『EMODA COSMETICS』(エモダ コスメティクス[12])が新たに始動[13]。9月にはこのコスメブランドの発足に連動させる形でメイク本『ENA MAKE』を発売している[14]。そして2015年1月31日、EMODAを卒業する形でプロデューサーを退任した。
引用元:松本恵奈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%81%B5%E5%A5%88

ブランドのはじまり
MARK-STYLER(マークスタイラー)株式会社が運営するレディースブランド。

エモダについて
「エモダ(EMODA)」は、日本のレディースファッションブランド。

「MODE=トレンドの発信」を軸に、スタイリング・素材・形で常に新たな提案を組み込み、女性の「オシャレを楽しみたい」という気持ちに応えられるハイセンスなリアルクローズを提案している。
引用元:エモダ : EMODA http://www.fashion-press.net/brands/2008

EMODA (エモダ)
読者モデルを経てショップスタッフとして当時カリスマて的人気であった松本恵奈が2009年に自身がプロデュースするブランドとして立ち上げた「エモダ」。”MODE=トレンドの発信”を軸に、スタイリング・素材・形で常に新たな提案を組み込み、女性におしゃれを楽しみたいという気持ちに答えられるハイセンスでもありリアルクローズでもあるスタイルを展開している。渋谷109の初日売上歴代3位を記録するなど、ファッション業界や若い世代の女の子達を中心に今最も注目を集めているブランドのひとつ。デザイナー本人は、表現者としてアパレル業だけにとどまらず、広告モデルや歌手など同世代の女の子へ自身のリアルな世界観を表現し続けている。
引用元:EMODA (エモダ)|レディースファッション.jp – 女性必見!レディースファッション総合情報サイト http://www.ladiesfashion.jp/cool/000100.php

アパレル企業特集 :MARK STYLER株式会社
秋山:大きくは、原点回帰とブランドの再編、就業環境の改善、マネジメント体制・人事制度の見直し、ボトムアップ型の組織づくりの4つです。

まずは「原点回帰」
つまり、より安くハイクオリティな商品をお客様に届けるべく、“ものづくり”にこだわるということです。
これまでMARK STYLERは、SNSやブログを使ったり、雑誌媒体とのブッキングを入れたりとPR力で商品を売ってきましたが、改めて地に足を付けて現状を客観的に把握するため、アンケートを軸としたマーケティング分析を行い、各ブランドのポジショニングの見直し、ものづくりの見直しを行いました。

また、分散していた人材と投資を集中させるため、開発過程にあった複数の新ブランドを取りやめ、まず「MERCURYDUO」「MURUA」「EMODA」「dazzlin」「Ungrid」の主力5ブランドに焦点を当てて成長させ、そこで得た収益で新ブランドや中堅ブランドを成長させる、という計画を立てています。
引用元:アパレル企業特集 :MARK STYLER株式会社|クリーデンス – ファッション・アパレル業界の転職支援・求人サイト https://www.crede.co.jp/contents/company/089_markstyler_01.html