原りょう『そして夜は甦る』『私が殺した少女』『さらば長き眠り』『愚か者死すべし』

107ciMsEbH
次の私立探偵・沢崎を
主人公とした原りょうの小説を
刊行された順に選びなさい
『そして夜は甦る』
『私が殺した少女』
『さらば長き眠り』
『愚か者死すべし』
27%
CIMG1086qRIBizOHAOKF
清原夏野らが編集した
養老令の官撰注釈書
令義解
りょうのぎげ(答)

CIMG9451FRhtaqDyXnIP
『大いなる眠り』で初登場した
有名なハードボイルド探偵は
フィリップ・マーロウである
◯(答)
×サム・スペード

CIMG5016
相棒はマイルズ・アーチャー
サンフランシスコの私立探偵
ダシール・ハメットが生みの親
『マルタの鷹』
サム・スペード(答)
ドルリー・レーン
ペリー・メイスン
リュウ・アーチャー

023ytoYTDemZR
チャンドラーの推理小説で
「ギムレットに早すぎる」
という名セリフが登場するのは?
『さらば愛しき女よ』
『大いなる眠り』
『長いお別れ』(答)
『湖中の女』
引用元:「ギムレットには早すぎる」 チャンドラー『長いお別れ』中の名セリフ http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/2658/

原 尞(はら りょう、1946年12月18日 – )は、日本の推理作家。本名は原 孝。佐賀県鳥栖市生まれ。福岡県立福岡高等学校、九州大学文学部美学美術史科卒業。福岡高校の同期に医師の中村哲がいる。
>大学卒業後上京。フリージャズピアニストとして活動し、高木元輝や阿部薫らと共演した。1971年、日本幻野祭に高木元輝トリオのメンバーとして出演。このときの演奏は『幻野』のタイトルでレコード化されている。その後帰郷して執筆に専念、1988年、西新宿に事務所を構える中年私立探偵・沢崎を主人公とした『そして夜は甦る』で作家デビュー。
作品は自身も愛読したレイモンド・チャンドラーの作品群に影響を強く受けており、原はその事やチャンドラーへの憧れ、敬意を表明している。また、『そして~』の「あとがきにかえて」では『ひとつのハードボイルド論――マーロウという男』という、沢崎と同作に登場したライター・佐伯とがマーロウについて語り合う内容のものを執筆している。
引用元:原りょう – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E3%82%8A%E3%82%87%E3%81%86

RbVAqAJ
西新宿の高層ビル街のはずれに事務所を構える私立探偵沢崎は、ひょんなことから、行方不明となったルポライターの調査に乗り出すことに――そして事件は過去の東京都知事狙撃事件の全貌へと繋がっていく……。いきのいい会話と緊密なプロット。レイモンド・チャンドラーに捧げられた記念すべき長篇デビュー作。 020501
引用元:そして夜は甦る | 著訳者,ハ行,ハ,原 りょう | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000002446/author_HAgyo_HA_5945/page1/product/

MlVTGhS
まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。私立探偵の沢崎は依頼人からの電話を受け、目白の邸宅へと愛車を走らせた。だが、そこで彼は自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれていることを知る……緻密なストーリー展開と強烈なサスペンスで読書界を瞠目させた直木賞受賞作。 020546
引用元:私が殺した少女 | 著訳者,ハ行,ハ,原 りょう | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000002491/author_HAgyo_HA_5945/page1/product/

LNdOiQz
四〇〇日ぶりに東京に帰ってきた沢崎を待っていたのは浮浪者の男だった。男の導きで、沢崎は元高校野球選手からの調査を請け負う。十一年前、八百長試合の誘いがあったのが発端で彼の義姉が自殺した真相を突き止めてくれというが……沢崎シリーズ第一期完結の渾身の大作。文庫版書下ろし「世紀末犯罪事情」収録 020654
引用元:さらば長き眠り | 著訳者,ハ行,ハ,原 りょう | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000002599/author_HAgyo_HA_5945/page1/product/

JcpIxSP
大晦日の朝、私立探偵・沢崎のもとを見知らぬ若い女、伊吹啓子が訪れた。銀行強盗を自首した父の無実を証明してほしいという。彼女を父親が拘留されている新宿署に送り届けた沢崎は、狙撃事件に遭遇してしまう。二発の銃声が轟き、一発は護送されていた啓子の父親に、もう一発は彼を庇おうとした刑事に命中した! 9年もの歳月をかけて完成した、新・沢崎シリーズ第一弾。巻末に書き下ろし掌篇「帰ってきた男」を収録。 020912
引用元:愚か者死すべし | 著訳者,ハ行,ハ,原 りょう | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000002851/author_HAgyo_HA_5945/page1/product/