「平井骸惚」此中ニ有リ 田代裕彦の探偵小説

056DeFNjVB
ロイド眼鏡にくわえタバコが
トレードマークの探偵作家を
主人公とする、田代裕彦の小説は
『◯◯◯◯此中ニ有リ』?
惚外平井江
京骸戸川骨
平井骸惚(答)
ひらいがいこつ
26%


明治から昭和にかけて活躍し「滑稽新聞」「面白半分」などの個性的な雑誌を次々に発行したわが国のジャーナリストは?
宮武外骨(答)
みやたけがいこつ


次のうち、1990年代に経団連の会長を務めた財界人を全て選びなさい
今井敬(答)
斎藤英四郎(答)新日本製鐵 1986-1990
豊田章一郎(答)トヨタ自動車 1994-1998
平岩外四(答)東京電力 1990-1994

奥田碩 トヨタ自動車 2002-2006
永野健 日経連 三菱マテリアル 1991-1995
根本二郎 日経連 日本郵船 1995-1999
御手洗冨士夫 キヤノン 2006-2010

平井骸惚此中ニ有リ
BBSpswj
帝大生・河上太一は今をときめく推理作家・平井骸惚の本に出会い、弟子入りを志願する。認められずにいたところ、骸惚の知人、池谷是人が不可解な自殺を図る。事件解決の折には弟子入りを認められる河上だったが……
引用元:株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|平井骸惚此中ニ有リ http://www.kadokawa.co.jp/product/200310000049/

LQRORVS
探偵作家は沈黙する
平井骸惚此中ニ有リ

「これは自殺じゃないね」――探偵小説家とその弟子が不可解な謎に挑む。
著者: 田代裕彦
イラスト:とろっち
時は大正十二年。気鋭の探偵作家・平井骸惚のもとに、弟子入りを志願する青年・河上太一が現れる。骸惚は、不可解な自殺を遂げた作家の謎を解いた暁には、弟子入りを認めようと河上に持ちかけるのだが……?
引用元:株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|探偵作家は沈黙する 平井骸惚此中ニ有リ http://www.kadokawa.co.jp/product/321504000098/

宮武 外骨(みやたけ がいこつ、慶応3年1月18日(1867年2月22日) – 昭和30年(1955年)7月28日)は、日本のジャーナリスト(新聞記者、編集者)、著作家、新聞史研究家、江戸明治期の世相風俗研究家。
明治・大正期にはジャーナリストとして、政治家や官僚、行政機関、マスメディアを含めた権力の腐敗を言論により追及した。日本における言論の自由の確立を志向し、それを言論によって訴えた。また、活字によるアスキーアートを先駆的に取り入れた文章など、様々な趣向を凝らしたパロディや言葉遊びを執筆したことでも有名。関東大震災以降は風俗史研究に活動の重点を移し、東京帝国大学(東京大学)に明治新聞雑誌文庫を創設した。
引用元:宮武外骨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%AD%A6%E5%A4%96%E9%AA%A8

平岩 外四(ひらいわ がいし、1914年(大正3年)8月31日 – 2007年(平成19年)5月22日)は、愛知県常滑市出身の財界人、経営者。東京電力会長、第7代日本経済団体連合会(経団連)会長(在任、1990年(平成2年)12月21日 – 1994年(平成6年)5月27日)。
財界随一の読書家でもあった。最晩年に城山三郎と共著で『人生に二度読む本』(講談社、2005年)を出版した。
1987年(昭和62年)に名誉大英帝国勲章KBE受勲。2006年(平成18年)秋の叙勲にて桐花大綬章を受章[1]。
引用元:平岩外四 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B2%A9%E5%A4%96%E5%9B%9B