「藤野可織」『爪と目』で芥川賞受賞

079JRaZEGq
2013年に、第149回芥川賞を
小説『爪と目』で受賞した
女流作家は?
桜野夏月
辻木可子
藤田深織
藤野可織(答)
19%

藤野 可織(ふじの かおり、1980年2月14日 – )は、日本の小説家。
京都府京都市出身。同志社高等学校、同志社大学文学部卒業、同大学院文学研究科美学芸術学専攻博士前期課程修了。学位は修士(文学)。
2008年までは京都市内の出版社でアルバイトをしながら小説を執筆していた[1]。
>2013年、「爪と目」で第149回芥川龍之介賞受賞。
引用元:藤野可織 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E9%87%8E%E5%8F%AF%E7%B9%94

OtHvbtN
爪と目
藤野可織/著
「あなた」は目が悪かったので父とは眼科で出会った。やがて「わたし」とも出会う。その前からずっと、「わたし」は「あなた」のすべてを見ている――。三歳の娘と義母。父。喪われた実母――家族には少し足りない集団に横たわる嫌悪と快感を、巧緻を極めた「語り」の技法で浮かび上がらせた、美しき恐怖作(ホラー)。
引用元:藤野可織 『爪と目』 | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/334511/

桜木 紫乃(さくらぎ しの、1965年4月19日[1] – )は、日本の小説家、詩人。北海道釧路市生まれ[2]。江別市在住[2]。
>2013年 – 『ラブレス』で第19回島清恋愛文学賞受賞。『ホテルローヤル』で第149回直木三十五賞受賞。
引用元:桜木紫乃 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E7%B4%AB%E4%B9%83

黒田 夏子(くろだ なつこ、本名:非公開[1]、1937年3月23日[2] – )は、日本の小説家。東京・赤坂出身。父はサンスクリット学者の辻直四郎[3][4]。
>2012年9月、「早稲田文学」に投稿した『abさんご』で早稲田文学新人賞を受賞し、デビュー[7]。2013年1月、同作で第148回芥川賞を受賞。75歳9か月での同賞受賞は史上最年長記録となった[10][13]。
引用元:黒田夏子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E5%A4%8F%E5%AD%90

辻村 深月(つじむら みづき、1980年2月29日 – )は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
>2012年
『オーダーメイド殺人クラブ』で第25回山本周五郎賞候補。
『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞。
引用元:辻村深月 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%9D%91%E6%B7%B1%E6%9C%88