伊勢丹のキャッチコピー「恋を何年休んでますか」「ハッピーエンド始まる」「四十歳は二度目のハタチ」「着やすい、つまり脱がせやすい」「恋が着せ、愛が脱がせる」

048xhbMZQR
次のうち、過去に
伊勢丹が広告に使用した
キャッチコピーを
全て選びなさい
じぶん、再発見 西武 糸井重里
恋を何年、休んでますか。(答)眞木準 1989
不思議、大好き。 西武 糸井重里
27%

ハッピーエンド始まる。(答)眞木準 1990
四十歳は二度目のハタチ。(答)眞木準 1992
着やすい、つまり脱がせやすい。(答)眞木準 1978
恋が着せ、愛が脱がせる。(答)眞木準 1989
好きだから、あげる。 丸井 仲畑貴志
差し上げたのは時間です。 サントリー 岩崎俊一

伊勢丹(いせたん、英称 :Isetan )は、三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社三越伊勢丹が運営する百貨店屋号の1つである。また、株式会社伊勢丹は、2011年(平成23年)3月31日までこれを運営していた企業。
>合併前の運営会社である株式会社伊勢丹のグループ会社は百貨店事業(直営6店舗、国内関連会社5社・7店舗、海外15社・13店舗)を中核に、クレジット・金融業、小売・専門店業、その他事業の4セグメントに分れ、37社で構成されている。グループの連結売上高は約7,700億円である。売上高営業利益率は、単体で3.4%である(2009年3月期)。
2011年(平成23年)4月1日に、株式会社三越との間で存続会社を三越とする吸収合併を行ない、「株式会社三越伊勢丹」が発足したため、法人としての株式会社伊勢丹は解散している。
引用元:伊勢丹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E4%B8%B9

眞木 準(まき じゅん、1948年10月20日 – 2009年6月22日)は日本のコピーライター。愛知県知多市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。
>1971年に博報堂に入社。同社の制作室クリエイティブチームに在籍し、全日空やサントリー、キヤノンなどの企業の広告コピーを12年に渡って書き続けた。
1983年に博報堂を退社し、フリーに転じた後は伊勢丹、資生堂、三陽商会などの企業のコピーを手掛ける一方で、1988年に朝日新聞社から刊行された週刊誌『AERA』のネーミング考案などにも携わった。特に伊勢丹のキャンペーン広告は、博報堂在籍時の1978年から手掛けていたが、1984年からは前任者で同じくコピーライターの土屋耕一から引き継ぐ形で、長期間にわたり同キャンペーン広告のコピーを担当した(土屋も1989年まで同キャンペーンのコピーを担当していた)。
引用元:眞木準 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9E%E6%9C%A8%E6%BA%96

おいしい生活(おいしいせいかつ)とは、1982年にコピーライターの糸井重里が考案、翌年まで用いられた西武百貨店のキャッチコピー[1]。糸井が手掛けた同百貨店のキャッチコピーとしては、「じぶん、新発見」(1980年)、「不思議、大好き」(1981年)に次いで3作目に当たる。「不思議、大好き」や本キャッチコピーを契機として、1980年代には一連の「コピーライターブーム」が盛り上がり、糸井の影響を受け広告業界を志した者は多い[2][3]。戦後日本の名宣伝文句を集めた『日本のコピー ベスト500』で第1位に選出(第2位は1984年に同じく糸井が手掛けた新潮文庫の「想像力と数百円」)[4][5]。
引用元:おいしい生活 (キャッチコピー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E7%94%9F%E6%B4%BB_(%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC)