宇奈月温泉「富山県黒部市」磯部温泉「群馬県安中市」十津川温泉「奈良県吉野郡十津川村」

015hZStxiy
次の温泉を地方ごとに
グループ分けしなさい

関東地方近畿地方北陸地方備考
宇奈月温泉富山県黒部市
磯部温泉群馬県安中市
十津川温泉奈良県吉野郡十津川村

70%

CIMG5968
次のうち、西村京太郎の
「十津川警部」シリーズで
捜査一課の刑事として登場
する者を全て選びなさい
山本刑事
久保刑事
西本刑事(答)
亀井刑事(答)
清水刑事(答)
北条刑事(答)
田中刑事(答)
東野刑事

東野刑事、山本刑事、久保刑事の3人外しで。
頭文字つなげて「飛躍」とか「百」とか。

文字パネル
奈良県の約5分の1を占める日本一面積が大きい村は?
→十津川村

連想
『赤い帆船』で初登場
警視庁刑事部捜査一課に所属
名前は「省三」
西村京太郎の小説で活躍
→十津川警部

連想
『五つの棺』で初登場
名前は「光」
埼玉県の白岡署に勤務
折原一の小説で活躍
→黒星警部

連想
警視庁刑事部捜査一課に所属
名前は「喬一」
『幽霊列車』で初登場
赤川次郎の小説で活躍
→宇野警部

連想
小説では名前は不明
警視庁刑事部捜査一課に所属
『東西南北殺人事件』で初登場
赤川次郎の小説で活躍
→大貫警部

連想
小説では名前は不明
警視庁刑事部捜査一課に所属
『ペトロフ事件』で初登場
鮎川哲也の小説で活躍
→鬼貫警部

連想
名前は「昌幸」
現在は警視庁広域捜査室に所属
『赤い霧の殺人行』で初登場
木谷恭介の小説で活躍
→宮之原警部

連想
小説では名前は不明
新宿署に勤務
『新宿鮫』で初登場
大沢在昌の小説で活躍
→鮫島警部

連想
名前は「岩男」
長野県警本部捜査一課に所属
『死者の木霊』で初登場
内田康夫の小説で活躍
→竹村警部

宇奈月温泉(うなづきおんせん)は、富山県黒部市(旧国越中国)にある温泉。黒部川の渓谷沿いなどに旅館や保養所が立ち並ぶ。峡谷美を愛でる黒部峡谷鉄道のトロッコ観光の拠点でもある。
全国的にも珍しい7kmにも及ぶ引湯管を使った引湯である。
>宇奈月温泉駅から東南に進むと黒部峡谷鉄道宇奈月駅があり、黒部峡谷を訪ねる多くの観光客が利用する。また、反対方向に向かって線路を渡り、商店街を抜けた所にある宇奈月公園には、かつてこの地を訪れたことがある昭和天皇の御製碑や、与謝野鉄幹、与謝野晶子、宮柊二(みやしゅうじ)らの歌碑がある。
引用元:宇奈月温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%A5%88%E6%9C%88%E6%B8%A9%E6%B3%89

磯部温泉(いそべおんせん)は、群馬県安中市(旧国上野国)にある温泉。温泉記号(♨)の発祥の地として知られている。
>1661年、土地の境界をめぐる訴訟があり、このときに江戸幕府から出た判決文の地図に温泉記号が存在した。2008年現在、これよりも古い使用例が見つかっていないことから、温泉記号発祥の地とされる。
引用元:磯部温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%AF%E9%83%A8%E6%B8%A9%E6%B3%89

十津川温泉(とつかわおんせん)は、奈良県吉野郡十津川村平谷(旧国大和国)にある温泉。
>二津野ダムの湖畔に6軒の旅館と2軒の温泉民宿などが点在する。共同浴場は2軒、日帰り入浴施設は1軒存在する。
温泉地は日本百名湯にも選ばれている。
引用元:十津川温泉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E6%B8%A9%E6%B3%89