「冥土」めぐり 鹿島田真希の芥川賞受賞作

032muLbZvH
2012年に第147回芥川賞を
受賞した鹿島田真希の
小説は『◯◯めぐり』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
めいど(答)
『冥土めぐり』
40%

iXzdVZz
メイドメグリ
冥土めぐり
鹿島田 真希 著
裕福だった過去に執着する傲慢な母と弟。彼らから逃れ結婚した奈津子だが、夫が不治の病になってしまう。だがそれは、奇跡のような幸運だった。車椅子の夫とたどる失われた過去への旅を描く芥川賞受賞作。
引用元:冥土めぐり :鹿島田 真希|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309413389/

鹿島田 真希(かしまだ まき、1976年10月26日 – )は日本の小説家。特にフランス文学の影響を受けた前衛的な作品を執筆している。
>2004年、『白バラ四姉妹殺人事件』で第17回三島由紀夫賞候補、2005年『六〇〇〇度の愛』で三島由紀夫賞受賞。受賞作はマルグリット・デュラス『ヒロシマ、私の恋人』を下敷きに、長崎の原爆を主題としたものであった。2006年「ナンバーワン・コンストラクション」で第135回芥川賞候補。2007年『ピカルディーの三度』で野間文芸新人賞受賞。2009年「女の庭」で第140回芥川賞候補、「ゼロの王国」で第5回絲山賞を受賞。2010年『その暁のぬるさ』で第143回芥川賞候補。2012年『冥土めぐり』で第147回芥川賞受賞。笙野頼子以来の純文学新人賞三冠作家となった。
引用元:鹿島田真希 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E7%94%B0%E7%9C%9F%E5%B8%8C