『Xの悲劇』地方検事ウォルター・ブルーノ 電車内の殺人事件

073WuOOuBS
探偵ドルリー・レーン
地方検事ウォルター・ブルーノ
作者はバーナビー・ロス
電車の中での殺人事件
『Xの悲劇』(答)
『そして誰もいなくなった』
『アクロイド殺し』
『スリーピング・マーダー』
『オリエント急行殺人事件』(トナメ時の出題肢)
48%


最後は服毒自殺を遂げる
元シェークスピア劇の俳優
作者はバーナビー・ロス
『Xの悲劇』『Yの悲劇』
ドルリー・レーン(答)

連想
作者はアガサ・クリスティ
童謡『マザー・グース』
意外な真犯人
インディアン島
『そして誰もいなくなった』(答)

連想
キングス・アボット村
ジェイムズ・シェパード
意外な真犯人
作者はアガサ・クリスティ
『アクロイド殺し』(答)

連想
記憶の中の殺人
グエンダとジャイルズの夫婦
アガサ・クリスティの遺作
探偵ミス・マープル
『スリーピング・マーダー』(答)

連想
『天使が消えていく』
『訃報は午後二時に届く』
『蒸発』
『Wの悲劇』
夏樹静子(答)

連想
『一の悲劇』『二の悲劇』
『怪盗グリフィン、絶体絶命』
『密閉教室』
『生首に聞いていみろ』
法月綸太郎(答)

エラリー・クイーン(Ellery Queen)は、アメリカの推理作家。フレデリック・ダネイ(Frederic Dannay、1905年10月20日 – 1982年9月3日)とマンフレッド・ベニントン・リー(Manfred Bennington Lee、1905年1月11日 – 1971年4月3日)が探偵小説を書くために用いた筆名の一つ。ダネイとリーは従兄弟同士であり、ユダヤ系移民の子である。上記の彼らの個人名もそれぞれペンネームであり、ダネイの本名はダニエル・ネイサン(Daniel Nathan)、リーの本名はマンフォード・エマニュエル・レポフスキー(Manford Emanuel Lepofsky)。
小説シリーズでは、エラリー・クイーンは著者の名前だけでなく物語の名探偵の名前でもある。一般的人気はクリスティに劣るものの、日本では特に熱烈なマニアの崇拝を集め、この名を第一に挙げる推理作家が非常に多い。なお共作の手法は、まずプロットとトリックをロサンジェルスに住むダネイが考案し、それをニューヨークに住むにリーに電話で伝え、2人で議論を重ねたあとリーが執筆した。2人がこの創作方法をとるようになったのは、プロットを思いつく能力は天才的ながら文章を書くのが苦手なダネイと、プロットは作れないが文章は大変上手なリーの2人の弱点を補完するためであった。
>同時にバーナビー・ロス名義で、聾者の探偵ドルリー・レーンが活躍する4部作も発表している。第2作『Yの悲劇』は、とりわけ日本で評価が高く、S・S・ヴァン=ダイン の『グリーン家殺人事件』の影響を受けつつも、さらに意外な犯人で、推理小説の歴史に残る傑作とされる(第1期)。
>バーナビー・ロス名義の作品[編集]
1932年 Xの悲劇 The Tragedy of X
1932年 Yの悲劇 The Tragedy of Y
1933年 Zの悲劇 The Tragedy of Z
1933年 レーン最後の事件(最後の悲劇)[10] Drury Lane’s Last Case
引用元:エラリー・クイーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3

『Xの悲劇』(エックスのひげき、The Tragedy of X )は、1932年に発表されたアメリカ合衆国の推理作家エラリー・クイーンの長編推理小説。
ドルリー・レーンを探偵役とする「悲劇」4部作の第1部。本作を含む4作品は「バーナビー・ロス」名義で発表された。
>あらすじ[編集]
満員の市電の中という密閉状況の中で、ニコチン液に浸した針を使用した巧妙な殺人が発生する。被害者は多数の人間から恨まれており、容疑者が続々と現れるがいずれも逮捕の決め手に欠けていた。
お手上げとなったサム警視とブルーノ地方検事は、必死の思いで元舞台俳優の名探偵ドルリー・レーンに協力を要請する。
引用元:Xの悲劇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/X%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87

YRndVlG
ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。おそるべきニコチン毒を塗ったコルク玉という新手の凶器が使われたのだ。この密室犯罪の容疑者は大勢いる……聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は着々と、鮮やかに進められる。「読者よ、すべての手がかりは与えられた。犯人は誰か?」と有名な挑戦をする、本格中の本格。バーナビー・ロス名義で発表された傑作4部作の開幕!
引用元:Xの悲劇 – エラリー・クイーン/鮎川信夫 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104016

TBCRaNr
行方不明を伝えられた富豪ヨーク・ハッターの死体が、ニューヨークの湾口に揚がった。死因は毒物死で、その後、病毒遺伝の一族のあいだに目をおおう惨劇がくり返される。名探偵ドルリー・レーンの推理では、ありえない人物が犯人なのだが……。バーナビイ・ロス名義で発表した4部作の中でも、周到な伏線と明晰な解明の論理が読者を魅了する古典的名作。
引用元:Yの悲劇 – エラリー・クイーン/鮎川信夫 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104023

aQzJcGV
政界のボスとして著名な上院議員のまだ生温かい死体には、ナイフが柄まで刺さっていた。被害者のまわりには多くの政敵と怪しげな人物がひしめき、所有物の中から出てきた1通の手紙には、恐ろしい脅迫の言葉と、謎のZの文字が並べてあった。錯綜した2つの事件の渦中にとびこむのは、サム警部の美しい娘のパティと、ドルリー・レーンの名コンビ。
引用元:Zの悲劇 – エラリー・クイーン/鮎川信夫 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488104030