「三崎亜記」『失われた町』『となり町戦争』

071OnuRbhi
元市役所職員のSF作家
『失われた町』
『鼓笛隊の襲来』
『となり町戦争』
伊坂幸太郎 いさかこうたろう
三崎亜記(答)みさきあき
石田衣良 いしだいら
奥田英朗 おくだひでお


『陽気なギャングが地球を回す』
『アヒルと鴨のコインロッカー』
『死神の精度』
『ゴールデンスランバー』
伊坂幸太郎(答)

連想
『アキハバラ@DEEP』
『4TEEN』
『下北サンデーズ』
『池袋ウエストゲートパーク』
石田衣良(答)

連想
『サウスバウンド』
『邪魔』
『イン・ザ・プール』
『空中ブランコ』
奥田英朗(答)

三崎 亜記(みさき あき、1970年 – )は、日本の小説家。福岡県久留米市在住。熊本大学文学部史学科卒業。男性。
1998年、パソコンを買ったことをきっかけに、市役所職員のかたわら「となり町戦争」の執筆を始め[1]、2004年に同作で第17回小説すばる新人賞受賞しデビュー。2006年、第3作「失われた町」の刊行後、市役所を辞し専業作家となる[1]。
引用元:三崎亜記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B4%8E%E4%BA%9C%E8%A8%98

AVPiHxS
失われた町  
ウシナワレタマチ
著者:三崎 亜記
『となり町戦争』の著者が贈る傑作長編
30年に一度起こる「消滅」によって、住民が失われてしまった町。大切な人を理不尽に奪われた人々は、悲しみを乗り越えて、さらなる「消滅」を食い止めようと立ち向かう。
引用元:失われた町| 三崎 亜記| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社 http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-746498-6&mode=1

XJVlCmN
となり町戦争  
トナリマチセンソウ
著者:三崎 亜記
現代的戦争の恐怖。
ある日、突然に始まった隣接する町同士の戦争。公共事業として戦争が遂行され、見えない死者は増え続ける。現代の戦争の狂気を描く傑作。文庫版のみのボーナストラック短編を収録。小説すばる新人賞受賞作品。
引用元:となり町戦争| 三崎 亜記| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社 http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-746105-X&mode=1