「大映」松山英夫 「ゴールデンウィーク」の命名者

045diYRjMO
4月~5月の大型連休を
「ゴールデンウィーク」と
いいますが、この言葉を
初めて用いた映画会社は?
東宝
松竹
大映(答)
東映

「大」型連休から「大」映と覚えましょう。

◯×
4月~5月の大型連休を「ゴールデンウィーク」といいますが、この言葉を最初に用いたのは旅行会社である
×(答)
◯『映画会社」

ゴールデンウィーク(和製英語: the Goldenweek)とは、日本で毎年4月末から5月初めにかけての休日が多い期間のこと。大型連休(おおがたれんきゅう)、黄金週間(おうごんしゅうかん)ともいう。
>当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり[4][5]、和製英語である。1952年(昭和27年) – 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり[5]、他の業界にも広まった。この時大映は続いて秋の文化の日を中心とした期間を「シルバーウィーク」と名付けたが、当時こちらは定着しなかった[4][5]。
引用元:ゴールデンウィーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF

松山 英夫(まつやま ひでお、1906年3月27日 – 1986年4月11日)は、日本の映画プロデューサー、実業家である[1][2][3][4][5][6][7]。マキノトーキー製作所企画部長、大映専務取締役、ダイニチ映配取締役社長を歴任した。和製英語「ゴールデンウィーク」と「シルバーウィーク」の名付け親として知られる[7]。
引用元:松山英夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E8%8B%B1%E5%A4%AB