シャーロック・ホームズの作品と人物『パスカヴィル家の犬』ベリル・ステイプルトン 『ソア橋』グレイス・ダンバー 『孤独な自転車乗り』ヴァイオレット・スミス 『まだらの紐』ヘレン・ストーナー 『ボヘミアの醜聞』アイリーン・アドラー

016KLKKILMOcu
次の人物と、その人物が登場する
「シャーロック・ホームズ」
シリーズの作品の
正しい組み合わせを選びなさい
ベリル・ステイプルトン───パスカヴィル家の犬
グレイス・ダンバー───ソア橋
ヴァイオレット・スミス───孤独な自転車乗り

ヘレン・ストーナー───まだらの紐
アイリーン・アドラー───ボヘミアの醜聞

CIMG5003
コナン・ドイルの小説
『ギリシャ語通訳』で初登場した
シャーロック・ホームズの兄は
◯◯◯◯◯◯・ホームズ?
→マイクロフト

『バスカヴィル家の犬』(バスカヴィルけのいぬ、The hound of the Baskervilles)は、アーサー・コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズの長編小説の一つ。『バスカービルの魔犬』などの訳題も用いられる。
ホームズの長編は4作あるが、この作品だけが2部構成を採っておらず、また登場人物の過去の因縁話がからむ箱物語形式も採っていない。
>委細ありげな執事のバリモアとその妻、脱獄囚のセルデン、近所に住む昆虫学者のステープルトンとその美しい妹ベリル嬢など、ワトスンは見聞きした事をホームズに向けた手紙や自らの日記に綴る。バリモアとその妻の不審な行動は何故なのか? 凶悪な殺人犯セルデンは何処へ潜んでいるのか? ベリル嬢は何故自分や、彼女に求婚するヘンリー卿にここを立ち退くよう懇願するのか? そして、自分が湿地帯ではっきり聞いた恐ろしい声は「魔の犬」の咆哮ではないのか……。
更にそれらの誰でもない未知の人物が、身近に潜んでいる事をワトスンは知る。
引用元: バスカヴィル家の犬 – Wikipedia.

「ソア橋」(ソアばし、The Problem of Thor Bridge)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち46番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1922年2・3月号、アメリカの『ハースツ・インターナショナル』1922年2・3月号に発表。1927年発行の第5短編集『シャーロック・ホームズの事件簿』(The Case-Book of Sherlock Holmes) に収録された[1]。
なお、「ソア」は北欧神話の雷神トールに由来するとされ、それを明確にするため日本語訳を「トール橋」とする場合もあるが、英語読みは「ソア」なので「ソア橋」でも誤りではない。
>シャーロック・ホームズと伝記作家で医師のジョン・H・ワトスンが共同生活を送るロンドンのベーカー街221Bを、アメリカの上院議員で世界一の金鉱王、ニール・ギブスンが訪れた。屋敷に住み込みの家庭教師グレイス・ダンバー嬢が、ギブスンの妻マリアを殺害したとされる疑いを、晴らして欲しいという依頼である。
引用元: ソア橋 – Wikipedia.

「孤独な自転車乗り」(こどくなじてんしゃのり、”The Adventure of the Solitary Cyclist”)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち28番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1904年1月号、アメリカの『コリアーズ・ウィークリー』1903年12月26日号に発表。1905年発行の第3短編集『シャーロック・ホームズの帰還』(The Return of Sherlock Holmes) に収録された[1]。
>ヴァイオレット・スミス嬢がシャーロック・ホームズのもとに依頼に訪れる。彼女はカラザース氏の屋敷で一人娘の音楽の家庭教師をしている。主人のカラザースは申し分ない紳士だが、客人としてやってくるウッドリという下品な男に露骨に色目を使われる事が不快であった。スミス嬢は毎週土曜日、住み込みの屋敷からロンドンへ帰り、翌月曜日には屋敷へ戻ってくる。その間寂しい一本道を自転車に乗るのだが、その度に後ろを黒ずくめの男がつけてきているのに気づき、不安だというのだ。
引用元: 孤独な自転車乗り – Wikipedia.

「まだらの紐」(まだらのひも、The Adventure of the Speckled Band)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち8番目に発表された作品である。『ストランド・マガジン』1892年2月号初出。同年発行の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(The Adventures of Sherlock Holmes) に収録された[1]。
>物語は、1883年4月初めの事件と正典中に記載がある他、この事件の詳細を秘密にすることを約束した依頼人のヘレン・ストーナーが亡くなったために発表できるようになったとされ、依頼人のヘレン・ストーナーが事件の究明を依頼するため、朝早くにホームズの住居へ来たところから始まっている。
引用元: まだらの紐 – Wikipedia.

「ボヘミアの醜聞」(ボヘミアのしゅうぶん、原題:”A Scandal in Bohemia”)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち最初に発表された作品である。『ストランド・マガジン』1891年7月号初出。1892年発行の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(The Adventures of Sherlock Holmes ) に収録された[1]。
長編『緋色の研究』『四つの署名』に続いて発表されたシャーロック・ホームズシリーズの第3作目。
> 5年前、皇太子であった王はアイリーン・アドラーと交際していた。アイリーンはコントラルト歌手でオペラのプリマドンナである。王は近くスカンディナヴィアの王女と結婚することが決まったのだが、そこへアイリーンが、二人で撮影した写真を王女へ送りつける、と脅迫してきたのである。写真が送られれば破談は必至であり、王は写真を取り戻すために人を雇う。しかし、家捜しや強盗まで行なわせたにもかかわらず、写真を見つけることはできなかった。写真を送ると予告された婚約発表の日が迫り、自らホームズへ依頼に来たのであった。
引用元: ボヘミアの醜聞 – Wikipedia.