『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』倉阪鬼一郎 青山ブックセンター主催の世界バカミス☆アワード受賞

044npxCkyR
次の文字列を順に選んで
2010年に世界バカミス☆アワード
を受賞した倉阪鬼一郎の小説の
タイトルにしなさい
三崎
黒鳥館
白鳥館
連続密室殺人事件
『三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人』
45%

JemMkIn
三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人
著:倉阪鬼一郎
講談社ノベルス
「4月9日(金)午前0:20にお越しください。お目にかかれるときを楽しみにしております。黒鳥館主人」招待状を手に東亜学芸大生・西大寺俊は黒鳥館と名づけられた壮麗な洋館に赴く。招待客は全員無作為に選ばれたという。ウェルカムドリンクを主人から受け取った西大寺は、館内の完全な密室で怪死!!呪われた館を舞台とした凄惨な連続殺人の火蓋が切って落とされる!
引用元:書籍検索:こだわりの詳細検索で作品を探そう|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/search?kw=%E4%B8%89%E5%B4%8E%E9%BB%92%E9%B3%A5%E9%A4%A8%E7%99%BD%E9%B3%A5%E9%A4%A8%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%AF%86%E5%AE%A4%E6%AE%BA%E4%BA%BA&content_type%5B%5D=1&order=1

倉阪 鬼一郎(くらさか きいちろう、1960年1月28日 – )は、小説家、評論家、俳人、翻訳家。三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。三重県立上野高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。早稲田大学大学院日本文学専攻中退。環境経済学者の倉阪秀史は実弟。名字を「倉坂」と誤記されることが多い。
引用元:倉阪鬼一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%89%E9%98%AA%E9%AC%BC%E4%B8%80%E9%83%8E

バカミスとは、日本国内における推理小説の分類の1つで、「おバカなミステリー」もしくは「バカバカしいミステリー」の略語である。ただし、この「バカな」は(この言葉の定義については諸説あるが、一般的に)小説作品を侮辱するような意味合いの「馬鹿な」ではなく、「そんなバカな!!」のような感嘆、賛嘆などの意味を込めたものと解釈される。当然のごとくこの系統にはリアリズムの議論は意味をなさず、むしろそれらを犠牲にしてでもミステリーゲームとしての意外性・娯楽性を過剰に追求したものが非常に多い。意匠やロジック・トリックの意図的なバカバカしさ(故意犯的な意外性)をさしての用法、過剰なこだわりによる結果論としての意外性をさしての用法の双方が混在しているため、カテゴライズとしてはやや紛らわしい。
>「バカミス」という言葉は、1995年版の『このミステリーがすごい!』で小山正によってマイケル・スレイドの『カットスロート』など、「奇妙な味」のミステリーで初使用された。その後、国内の作品を中心として極端な意外性にとんだ作品を中心に「バカミス」と呼ぶことが定着してきた。また、数年前から同誌に「バカミスの世界」と題されたバカミス特集が組まれるようになり、毎年1作品に同コーナーからバカミス大賞が贈られている。しかし、受賞の知らせを受けたとたん、怒り出す作家もいるらしい。そして、「バカ」という語句の強さを理由に、この用語を使わないミステリーファンも多い。
引用元:バカミス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%B9