「ナンプラー」タイの魚醤「ニョクマム」ベトナム

591mJwvXuP
料理に使うナンプラーといえば
どこの国の調味料?
タイをタッチ(答)

ナンプラー(タイ語: น้ำปลา, nam pla)は、タイの魚醤。タイ語でnamは液体、plaは魚を意味する[1]。
>タイ料理には欠かす事のできない調味料とされ、高級品から安価なものまで幅広いラインアップがある[2]。タイでは屋台や大衆食堂、ホテルのレストランなど様々な外食店で机の上にナンプラーが常備されており[2]、日本における醤油のような存在となっている[1]。
なお、ナンプラーは商品として製造され、家庭で作る事はほぼない[3]。タイランド湾に面して漁業が盛んで塩田の多い、チョンブリー県やラヨーン県に製造業者が集中している[4]。また、マハーチャイもナンプラーの産地として有名である[2]。
引用元:ナンプラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC

では、魚醤は醤油の代わりとして使えるのか?今回はナンプラーを醤油の代わりに使ってみようと思います。果たして、ナンプラーは醤油の代わりになりうるのだろうか?
引用元:ナンプラーは醤油の代わりになるか大実験 – デイリーポータルZ:@nifty http://portal.nifty.com/kiji/111128151033_1.htm

ヌクマム(越:Nước mắm/渃Mam is for nước mắm.png)、日本語表記は「ヌクナム」「ニョクマム」「ヌックマム」とも)は、ベトナム料理で使われる調味料で、小魚を原料とする魚醤の一種。
>魚介類に塩を加えて発酵させた食品「マム(mắm)」一種であり[1][2]。小魚と塩を壺や樽に入れ、冷所で6か月から12か月間熟成させたものの浸出液がヌクマムである。ベトナム料理で使われる頻度が高いためにベトナムを代表する味とも言われ[3]、その役割は日本料理で使われる醤油にも例えられる[4]。砂糖、ニンニク、トウガラシ、ライムなどと合わせてヌクチャムというつけ汁にもされる[5]。
引用元:ヌクマム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8C%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%A0